自宅勤務の、サラメシ2

先達ブログ

ももじろうです。

いつもジルがお世話になっております。世帯主で主夫のパートナーです。

 

「老後を豊かにシリーズ」自宅勤務の、サラメシ2

 

緊急事態解除後も、自宅軟禁いや自宅勤務が解除にならないももじろうです。

ジルが言うには『このまま、解除にならずにずっと(煩雑な業務処理が起きた時は関係者間調整で時間が倍以上かかり問題ありだが、それがない限り)お気軽な自宅勤務で給与貰えるのが良いんじゃない?』とのんきなものですが、そうは問屋が卸さないのが現実。

 

スポンサーリンク

自宅勤務の、サラメシ

先日までは、1日出て2日休みのサイクル勤務のジルと、全部自宅(軟禁)勤務の私が居ました。ジルが休みの日は(夢の)亭主関白スタイルの『お昼なに?』で済みますが・・。

ジルが出社の日の昼飯は、

  • どこかに食べに出る⇒今どき有り?贔屓のお店があるのですが(一食約1,000円)
  • 残りご飯があれば、冷蔵庫をごそごそし、パッとできるおかずを作る。
  • 今どき流行りのテイクアウト弁当を買って来る。

のサラメシになります。

 

スポンサーリンク

同じ味が二度とない素人料理

以前より休日などでジル不在の時、1番の贔屓のお店でした。おかずはもちろん、ご飯とお味噌汁が美味しいのです。今は三蜜を警戒して行っておりません。つぶれると困りますが。

と言うことで非常事態サラメシの選択が2番と3番になります。大体半々です。

昔、日本航空宣伝部課長兼作家の故深田祐介氏が『得意料理は冷ややっこ』という話で笑いを取っていましたが、私も簡単なものなら料理します。問題はその味の再現性がない事、これぞ、素人料理の最たるものの証。

 

3番は、1番同様贔屓がありまして、とあるスーパー内の出店私が名付けた“おばちゃんの店”店内には推定年齢65歳過ぎの妙齢のご婦人2人(時に3人)で各種おかずやいろいろなお弁当を作っています。良いお味です。一番良いのが妙に(変に)甘くないこと。

そして、どれも(消費税8%がのっても)400円台かもう少しです。見ていると私同様ご近所の一人暮らし?らしい、ご高齢の方がよく買い求められています。

近くで別のお店のから揚げ弁当等どちらかと言うと味が濃いめのも売られています。

 

スポンサーリンク

高齢者に優しい税込み453

“おばちゃんの店”のしゃけ弁当です。税込み453円です。

右上の肉じゃがの美味しい事、まさしく家庭の味。

スポンサーリンク

絶品プリプリカツ弁当

もう一つ、この度の災いが生んだ、(仕方なく対応が正確)近くの名物居酒屋のお弁当

プリプリカツ弁当780円(税込み)です。後ろに焼き魚が隠れています。この日はさわら

しゃけの日もありました。おばちゃんの弁当に比べて量が1.2倍あります。(容器が大きい)

海老が新鮮でまさしくプリプリ、このレベルを毎日食べられたら大変幸せと感じます。