65歳

老後暮らしのヒント

65歳以上の雇用保険の適用拡大についてももじろうに説明

ももじろうが65歳で再就職をしたのは9月の下旬。65歳で退職してその後高齢者給付一時間を受給した。これは給付金で無税。もちろん老齢厚生年金は減額されない。その後...
先達ブログ

沈黙の遠藤周作とティーナ・カリーナの歌にぞっこん

ももじろうです。 いつも妻がお世話になっております。世帯主で主夫のパートナーです。
聖地サンティアゴ&ポルトガル周遊旅行

CHEMIN/CAMINO サンティアゴ(巡礼路)とFADO ファド酒場-ポルトからリスボンに移動

いつも妻がお世話になっております。世帯主で主夫のパートナーが、ポルトガル・ツアー第2章を始めます。
聖地サンティアゴ&ポルトガル周遊旅行

CHEMIN/CAMINO サンティアゴ(巡礼路)と FADO ファド酒場

いつも妻がお世話になっております。世帯主で主夫のパートナーが、ポルトガル・ツアー第2章を始めます。
先達ブログ

年末工作報告。カーナビ木製スタンド、筋膜リリース・スティック、竹製ストレッチポールを作った話

ももじろうです。 いつも妻がお世話になっております。世帯主で主夫のパートナーです。 本日は年末に製作した工作報告をします。
老後資金計画

定年退職後を見据えて、老後資金を貯めるために考えてきた家計のこと 

必要な老後資金はこれだけという銀行のパンフレットを見ていると、忘れられているように思うのは老齢年金が受給できると言う事。 年金は毎月の額は少額でも平均寿命...
聖地サンティアゴ&ポルトガル周遊旅行

ももじろう「ファド酒場とポルトガル英雄アマリア・ロドリゲス」への思い

写真はアマリアのことを教えてくれたレコード店主マリア・ホアロ
聖地サンティアゴ&ポルトガル周遊旅行

スペインの巡礼地サンティアゴとポルトガル 旅に出るなら夜の飛行機

旅に出るなら夜の飛行機 ももじろうです。 いつも妻がお世話になっております。世帯主で主夫のパートナーです。今年(2016年)65歳定年を迎えまし...
老後暮らしのヒント

65歳 再就職先が決まり取らぬ狸の皮算用

退職してひと月半、9月中旬になった。再就職が決まった。
老後暮らしのヒント

65歳再就職、面接の結果待ちは一週間

退職してひと月、9月になった。就職活動を始めて3週間が過ぎた。
イタリア

シエナ-名産は太麺イノシシ肉パスタ

シエナのレストランメニューはフィレンッエとさほど変わらず。トスカーナのパスタはイノシシ肉のソースが名産品。これが美味しい。
老後暮らしのヒント

65歳 高齢再就職条件を決める。希望条件が高すぎない?

退職して1月目が経過している、再就職先を探しているももじろうは新聞広告の求人紙、店頭に置いてある求人雑誌、ネットの求人サイト検索に励んでいる。
老後暮らしのヒント

65歳 再就職活動 1月目、さらに定年退職後の支払が重なる

8月末になりももじろうが退職して1か月が過ぎようとしている。7月は年次休暇をぽつぽつと取り、7月月末は連続した年次休暇を使って一人の休暇を楽しんでいた。
老後暮らしのヒント

65歳 再就職活動は退職前に計画的に。就職活動の一歩目はTOEICを受験する

  ももじろうが退職後をどのように過ごしたいと考えているのか。家族には具体的なことを言わないまま時間が過ぎていた。
老後暮らしのヒント

65歳の退職で立案した老後生活設計

ももじろうは63歳の時に定年退職となり、65歳まで再雇用されていました。65歳で退職することになり、老後生活設計を考えてみました。今後は変化があるごとに見直しが...
老後暮らしのヒント

63歳再雇用の賃金低下、年金生活を想定して食費の削減を考えてみた

定年退職後65歳まで再雇用
日々是好日

運転免許証の更新通知を受け取るためには住所変更を忘れないこと

今年は5年ぶりの自動車免許更新の年だった。車の運転をするのは時々だが田舎で介護をすることになると必需品になる。普段は免許証もカード入れに入れっぱなしにしていて更...
日々是好日

献血も社会貢献・ボランティア。高齢者献血で年齢制限と条件がある

運転免許更新案内が届いた。
イタリア

65歳老後の楽しみの始まり、2016年定年退職記念旅行

定年そして退職を祝うためにイタリアに旅行することになった。 二人の共通の趣味はこうして旅行に出ること。老後の楽しみとしている旅行。これで一つ目の楽しみを実...
老後暮らしのヒント

日本と米国、定年退職のとらえ方の違い

ももじろうがアメリカに住む中国人の友人に退職をメールした。 その友人から「退職おめでとう」と返事がきたらしい。「彼はアメリカ化されてきているようだ」と話し...
日々是好日

63歳の再雇用は定年退職までの準備期間だった

一足先にももじろうが65歳で退職となり、これから高齢期の人生が始まります。 この高齢期を何と呼ぶか、シニアライフ・セカンドライフ・年金生活・第三の人生・老...
スポンサーリンク