2019年8月パリオ 馬だけ走っても優勝は優勝だ!

先達ブログ

ももじろうです。
いつもジルがお世話になっております。世帯主で主夫のパートナーです。

「老後を豊かにシリーズ」馬だけで走っても優勝は優勝だ!

目次

スポンサーリンク

2019年8月16日のイタリア・シエナの中世式町内対抗裸馬レース、パリオ

2019年8月16日のイタリア・シエナの中世式町内対抗裸馬レース、パリオで昨年10月の特別開催パリオに続き、なんと同じ馬(名前Remorex)がレース途中で騎手を振り落した(なにせ、あぶみが無いのだから、騎手も踏ん張りが出来ず乗っているだけでも大変難しい)後で、一人×、一馬○で駆け、ゴール真近では優勝間違いないかと思われたBRUCO ブルーコ (イモムシ)の騎手に鞭打たれてもめげずに駆け抜け、鼻の差で優勝となりました。

ゴールを駆け抜けるRemorex(右)と敗れたBruco(左)の馬と騎手。

ゴール前、第4コーナー曲ってからRemorexが先頭を行くBrucoをとらえる。

優勝が決まり今回の所属【馬は各開催日前に籤で割り当てられる】コントラーダSELVA セルヴァ 森地区住民の前でどや顔のRemorex

【馬 作詞:吉田拓郎 作曲:吉田拓郎 両手両足おっぴろげて 馬が飛んでゆく 馬が手を振った 馬が手を振った空の上からニカッと笑って馬が手を 振った】を想いだしました。

負けそうになり、思わずRemorexを鞭打つBrucoの騎手(優勝するとしないとでは、手にする賞金が月とすっぽんほど違うためとはいえ、動物をいじめるな!)

Brucoの騎手は、優勝したと思い勝利のサインを揚げてはみたが・・。

鼻の差で、Remorexに抜かれていました。

シエナTVの実況画面でもう一度。

 

 

VIDEOCLIP FINALE PALIO 16 AGOSTO 2019

スタートまえの駆け引き中

 

1周目の魔の第3コーナー。この時騎手はRemorexにまだふりおとされていない。

 

 

 その後もSELVAの騎手(左)はRemorexにしつかり乗って先頭グループをONDA オンダ 波(真ん中)、Bruco ブルーコ イモムシ(右)と形成

 

 

 第2週目、魔の第3コーナーで、SELVAの騎手はRemorexから落ちました。

 

 その後一旦下がります。

 

 

 第3周、第2~3コーナーをほぼ直線の小さくインで走り抜けトップに肉薄。

 

 

 最終第4コーナーでBrucoを捉え、2人?の戦い。

 

 

 ゴール(スタートのロープ巻き取り機が見える)で鼻の差。

 

 

 最初どちらが勝ったがよくわからず、BrucoもSELVAの皆さんも困惑・・。

 

 

 自分の地区(コントラーダ)が優勝したと裁定された瞬間の歓喜。
この瞬間のためにシエナの人々は、人生を生きている。

 

 

 市役所庁舎に優勝したコントラーダの旗が掲げられる。

 

 2018年10月の時の画像 振り落とされた騎手も一応凱旋しました。(賞金はどうなるのだろう?)

 

スポンサーリンク

パリオ裸馬優勝の記録

パリオの歴史では、馬だけが走って優勝したことが25回あり今回優勝したRemorex は昨年10月20日の特別パリオでもTARTUCA タルトゥーカ 亀地区の馬として、最後は自分だけで走り優勝しました。過去他にもう2頭2回優勝したQuebelとBenito3世がいます。

二回裸馬で優勝した馬とコントラーダ(地区)

馬名 Quebel     1976.7.2   CHIOCCIOLA (貝)   1977.7.2    VALDIMONTONE(雄羊)
馬名 Benito III  1983.7.3   LEOCORNO (豹)    1989.8.16    DRAGO(竜)

 

スポンサーリンク

1633年8月15日第1回からのパリオ累計回数

もう一つ付けくわえると、1633年8月15日第1回からのパリオ累計回数は下記の通り。

16世紀17世紀18世紀19世紀20世紀合計
8016821220142703

行きたいな!来年のパリオには、ワインとトイレ付きの各家のバルコニーは最高$5,000(日本から購入したときはドルでした)