トイレットペーパーの幅から見る各国事情 (4の1)

先達ブログ
Alexas_Fotos / Pixabay

ももじろうです。
いつもジルがお世話になっております。世帯主で主夫のパートナーです。

「老後を豊かにシリーズ」トイレットペーパーの幅から見る各国事情 (4の1)

スポンサーリンク

国によってトイレットペーパーの幅が違う

少し前に韓国、中国へ出張しました。ソウルのまァ高級の下ホテルのトイレを使った時に、紙の幅が狭いことに気づきました。その後、中国でも気を付けていると青島飛行場のトイレのそれが更に幅狭だと思いまして、それぞれ数十cm持ち帰りました。もちろん日本でも会社、自宅、ジル実家等で収集し測定した結果が次です。

採集場所幅 mm形状等
韓国ソウルホテル96.0エンボス付、少し厚手単層
中国青島国際空港90.0プレーン、2層
日本・会社111.4エンボス付、標準厚、2層
日本・自宅115.0プレーン、1層
日本・嫁実家113.0エンボス付、1層

以下で述べられている。アメリカのトイレットペーパーは標準幅4.1インチ(≒104.1mm) が基準であるとすると、韓国と中国はすでにその先を行く原価改善(コストダウン)を行っているが、日本はまだ昔のアメリカサイズより大きなものを作っていると言う事です。

米国で製造されたトイレットペーパーシートのサイズは4.5×4.5インチ

“1999年以来、シートのサイズは縮小しています。
Kimberly-Clarkはシートの長さを4.1インチ(≒104.1mm)に減らしました。”
スコッティは、2006年に、製品の長さを3.7インチ(≒94mm)に縮小しました。
現在は、長さ3.7インチ(≒94mm)、幅4.1インチ(≒104.1mm)が標準になりました。

スポンサーリンク

ケンフィッシュバーグ氏が開いているトイレットペーパー百科事典と言うページを発見

アメリカ等のそれを探していた時、とてつもなく内容が豊富な、ケンフィッシュバーグ氏が開いているトイレットペーパー百科事典と言うページを発見しました。

笑える内容含め面白いので、かなりの部分を省きますが4回に分けて勝手に日本語化したのをお送りします。日本の事情をよく知っているところも興味深い点です。本当に興味が出たら下記URLの英語本体を覗いて下さい。それは疲れると言う方は私の簡略版でどうぞ。

Welcome to the Toilet Paper Encyclopedia

Copyright 2001-2016 www.SupplyTime.com/Toilet-Paper-World

Kenn Fischburg
• Author, Toilet Paper Encyclopedia
• President, Toiletpaperworld


• kenn@toiletpaperworld.com

スポンサーリンク

トイレットペーパー百科事典へようこそ

– 2001年に設立されました
ここには、世界で最も重要な商品の1つであるトイレットペーパーに関する豊富で重要な、楽しい、そして歴史的な情報があります。トイレットペーパー百科事典は、トイレットペーパーの最初の発明者から他の国での使用方法、トイレットペーパーの環境への影響に至るまでの歴史的な質問に答えます。
歴史的事実であろうとおかしい話であろうと、TPについてあなたが持っているかもしれないあらゆる情報を私達に送ることによって私達が私達の百科事典を造るのを助けてください!

著作権2001-2016 www.SupplyTime.com/Toilet-Paper-World
ケンフィッシュバーグ トイレットペーパーワールドプレジデント
kenn@toiletpaperworld.com

Toilet Paper History – Complete Historical Timeline

トイレットペーパーの歴史 – 歴史的事実から

紀元前50年のトイレット・ペーパー

中国人は最初に短い長さの竹で紙を作り、そして次に水に浸されそして膨潤したパルプ
に打ち込まれた綿のリネンラグを加えた。これをシート状に成形し乾燥した。
2世紀のトイレット・ペーパー
105年:中国後漢の宦官、蔡 倫さいりんは、皇帝に紙を献上しました。
蔡は、従来からの技術を集約統合し、実用的な紙の製造方法を定めた改良者と見なされている。桑の皮、大麻、雑巾を水と混ぜ合わせ、それをパルプにし、液体を押し出して、細いマットを干して太陽の下で乾かした。

8世紀のトイレット・ペーパー

アラブ人は筆記用紙を作ることが知られており、その過程で初めてリネンを使用しました。

12世紀のトイレット・ペーパー

スペイン、フランス、イタリアに製紙工場があります。

13世紀のトイレット・ペーパー

ドイツには製紙工場がありました。

14世紀のトイレット・ペーパー

イギリスは製紙工場の場所を記録した。ぼろが主な原料であり、それらは不足しているため、成長を制限していました。
1391年:最初に報告されたトイレットペーパーは中国の皇帝によって使用されました。高級品として、王族だけがトイレットペーパーを使用できました。
紙は2フィート×3フィートのシートで作られています。帝国物産局は、年間72万枚のトイレットペーパーの生産を始めました。

15世紀のトイレット・ペーパー

1400〜1600年:ルネッサンスヨーロッパでは、紙は教育を受けたエリート社会から高い需要がありました。このようにして紙は不可欠な商品となりましたが、当時の供給には需要が大きすぎました。ぼろが主な原材料であり、不足していた。

16世紀のトイレット・ペーパー

1596年:水洗トイレは、エリザベス女王1世の英国の貴族でありゴッドソンだったジョン・ハリントン卿によって発明されました。これが「ジョン」という名前の由来であるとの噂があります。

17世紀のトイレット・ペーパー

1648年:ヘンリークレーンがイングランドから移住し、マサチューセッツ州ドーチェスターに定住する。彼の孫であるStephen Craneは、家族で最初に製紙業者になりました。

18世紀のトイレット・ペーパー

1700年:植民地時代のアメリカ人がこれまでトウモロコシの穂軸と葉を使ってのを、今日で言うトイレのティッシュを使用してスマートにしました。その後、新聞が入手可能になったときには新聞も使用されました。また、SearsカタログとFarmers almanacも後で使われました。それは爪やひもに掛けることができるように年鑑はそれに穴がありました。フランス王室ではレースを使用しました。

1716年:麻はヨーロッパの製紙用原料として最初に実験に使われました。

1798年:フランスのNicholas-Louis Robertが、シートの代わりにロール紙を製造し、エンドレスのワイヤースクリーンで紙を製造する機械を発明した。

フランス人は、布地の繊維をつや消しにして、余分な水分を流し去ることができる可動ワイヤベルト上にシートを接合するという考えを特許にした。彼の機械は黄褐色のシートではなく連続ロールを作りました。

50年後、製紙業者は木材繊維を使用して紙を製造することに成功しました。これは1900年代初頭に米国で導入されたプロセスです。

つづく