改訂版 70歳まで働くと年金が増えるわけ

先達ブログ

ももじろうです。

いつもジルがお世話になっております。世帯主で主夫のパートナーです。

 

「老後を豊かにシリーズ」70歳まで働くと年金金額が増えるわけ

令和2年に成立した年金制度改定法

年金制度改正法(令和2年法律第40号)が成立しました|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

で本記事に足して加える部分が発生していたのが今年4月より施行されるので追加します

現行法では退職し資格喪失するか、70歳にならないと、65歳以降に納めた厚生年金保険料は支給額に反映されなかったが、令和4年4月からは、毎月納めた厚生年金保険料が、翌年の老齢厚生年金に反映される。上の図の階段状の増額分がトータールで増える。

スポンサーリンク

前回の記事

少し前に、年金額増額の知らせがあった件お話ししました。

 

スポンサーリンク

簡単な計算式

アラアラナことは前にお伝えしましたが、簡単な計算式で言うと

厚生年金金額計算、「平均年収÷12×0.005481×厚生年金の加入月数」の

加入月数が増えるので、結果年金額が増えるのです。

65歳以降5年間60カ月は、平成15年4月以降の18年間の全平均年収を

(60歳前から給与が下がる事も考えて)仮に480万円として

65歳以降との差額は5年間60カ月

70歳まで働くと  480÷12×0.005481×60= 13.15 万円 年額が増える計算

になります。月1万円強です。

 

資料:平成15年4月から総報酬制が導入された。総報酬制とは、

年金額の計算に給料だけではなく、賞与も含める計算方法

 

という事で、70歳越してからは月々の給与から年金を収めることなく

10月の(2か月分の)年金支給額は2万6千円ほど増えておりました。

 

スポンサーリンク

年下配偶者の加算分

ジルが65歳になるまで加給年金の特別加算があります。

週刊現代の過去記事ですが“申請しないともらえない年金”というのがありまして、

その記事の表がこれですが、私の場合は、65歳で年金手続きした時に

担当者さの人が、加給年金のことを詳しく解説してくれその場で同時に手続きし

ましたので毎月3万2千円ほど頂いております。何年か後にはなくなりますが。

 

スポンサーリンク

42年収めるか、70歳まで

浪人しなかった大卒で60歳までに38年間厚生年金をおさめるのと、その後2年

働いて40年間厚生年金収めるのと、更に2年追加して42年間収めるのでは

それぞれ老齢厚生年金と経過的加算顎が変わります。

詳しくはこちらのURLでお勉強してください。

大きく得する年金の分岐点(3)厚生年金を40年にしよう! | ポスタルくらぶ (postal-club.com)

 

年金が増える話ばかりしましたが、コロナが一応落ち着いた2021年11月から

(7月にも一部値上げ有り)ガソリンから大豆、小麦とその加工品類いろいろ

値上げが続いておりまして、年金生活者としては将来が暗い感じです。

一応物価スライドと言う調整はあるのですが値上がりした物価を全ては

カバーしてくれませんので、少しでも年金額を増やしておく必要があります。

60歳から70歳までの10年間が勝負の時ですし働いていた方が健康には良いです。

 

スポンサーリンク

お金だけでなく体の健康にも配慮する

くどいようですが、歯(と口)の清潔コンディションを保ちましょう。

コロナで入院した患者で重症化する人の多くが口の中が汚く下に苔がある人と

言う報告は、デルタであろうとオミクロンであろうと肺炎まで進んだ場合に

口の中が清潔でないとそれだけで“命”が危ないという事を示しています。

70歳まで健康に働きあなたが貰える最高額の年金をもらい、

それから楽しく過ごしましょう。体動かしているのが健康の元。