The best sushi shop in Nagoya, TATSUFUMI

先達ブログ

ももじろうです。
いつもジルがお世話になっております。世帯主で主夫のパートナーです。

「老後を豊かに過ごすシリーズ」名古屋で一番のすし店、龍文 移転先決まる!
The best sushi shop in Nagoya, TATSUFUMI, The relocation destination will be determined to the east of the intersection HIGASHIK – IIDAMACHI for Taxi driver.

スポンサーリンク

The Restart of business is early April.

昨年12月に名古屋市道路都市計画の影響で近々閉店のお知らせをした、千種区車道の龍文が、この度東区飯田町交差点東南脇に移転先を確保したそうで常連にはこの上もなくめでたく、2月23日車道店での営業終了を、ラスマイ3日目(2月26日火曜が最終、月火曜は全て予約済で飛び込みの余地なし)に行って確認してまいりました。

404 NOT FOUND | はなとももじろうの挑戦状
老後設計と老親の介護から学ぶこれからの暮らし

移転先情報は以下の通りです。

営業開始は、4月のどこか(現在未定だが、出来るだけ早く)だそうです。
The Restart of business is early April.

スポンサーリンク

A part that we had dinner tonight

今夜食した一部 A part that we had dinner tonight
1. まず口取りと言うか、アントレのトロそぎ手巻き。
First of all, saying Entré Toro and hand winding.

湯引き汁豆腐

フグの湯引き汁に豆腐を入れて龍文の特注のりに載せて頂く、湯引き汁豆腐。
Put a Tofu in TORO-YUBIKI SOUPE and put onto a TASTUFUMI custom-made NORI.

フグ生白子 Shirako means the testes of male pufferfish.

ふぐ生白子断面 The testes of male pufferfish cross section

ガスの遠火でゆっくり両面焼く。Grill slowly on both fronts with gas fires

焼いた白子は、天然塩で味付けられた外皮が少し硬く上がるが、この外皮が絶品。
The baked milt has a slightly harder outer side seasoned with natural salt, but this outside is exquisite.

天然フグの白子の中身は「ドロっと流れない」

天然フグの白子の中身は「ドロっと流れない」。某女性作家が週刊文春に書いたのは間違い。
The contents of the milt of natural puffer are “not drooling and flowing”. That is a mistake that a certain female writer wrote in Weekly mangaine Bunshun.

調理した本人が曰く「今日のサバは最高」のさば棒すし。
A cooked principal says “Today Saba is the best One of season” Mackerel sushi.

ジルはこの後、好物のいなりも食べました。
After this, Jill also ate her favorite “Inushi(Oage) Sushi.”
とにかく、龍文が生き残ることができてよかった。
Anyway, we are very glad that TATSUFUMI was able to make their survive New shop.
以上。Fin