コロナ対策、N95マスクを1日はめてみた!

先達ブログ

もじろうです。
いつもジルがお世話になっております。世帯主で主夫のパートナーです。

「老後を豊かにシリーズ」コロナ対策、N95マスクを1日はめてみた!

スポンサーリンク

「マスクが手に入らない」

巷は「マスクが手に入らない」と言う声で満ち溢れています。

ちっとお待ちください。何のためにマスクが必要なのでしょうか?

外出した時の人との交わりの中で、新型コロナウイルスを吸引し感染しないため?
すこし情報を集めた方は、(いろいろなタイプが有りますが)マスクでは感染を予防することが難しいことを知られたと思います。

このお知らせは、通院中の病院に先日から張り出されたお知らせです。


感染を防御できる化学的根拠はありません。

これをわかっている人が、自分が発生させるエアロゾルは制御できないのを承知ながら、飛沫拡散低減と言うエチケットの為にマスクをしようと/しているのが一つです。

“マスクをすれば感染を防御できる”と考えと裏切られます。

極論で言うと、エチケットですから、ドラッグストアでマスクが手に入らないと嘆いていないで、手ぬぐいで口を塞いでも可、布マスクを自分で作るか、メルカリでも楽天他でも一杯出ているのを買うかです。ただし、布マスクは洗わなくてはいけないことをお忘れなく。

スポンサーリンク

布マスク利用中

この頃会社の執務では、ジルが作ってくれた布マスクをしております。

2つありまして、2日おきに交換。1日8時間(午前中3時間半、外してアルコール消毒スプレーをかける。食事+30分2.6Kmウオーキング中は無=Unmask【~の正体[実際の姿]を現す[暴く]】で、午後4時間半、使用後にまたアルコール消毒スプレー)、通勤の車や家ではもちろん着装無=Unmas。2日目も同じですが、2日使ったあとは洗っております。

一番お手軽な使い捨てマスクはこれです。キッチンペーパーを挟むマスクホルダーと言う賢い方法、洗う手間がないのがグーです。これは楽天で見つけました。どこにでも有り。

スポンサーリンク

マスク色々着用実験

と言いながら、昔々サンプルで手に入れたN95で、真逆の実験をしました。あくまでも実験です。1回でこりました

通常手に入るのは、
1) (不織布3枚タイプ通常)マスク
2) 医学(手術)用使い捨てマスク【ディスポーザル・サージカル・マスク】
1番と性能に差があるわけでなく、次々に使い捨てる、【例】一人の患者を診たら新しいのに変えて次の患者さんにあたる。外出時にはめたものは、入室時に替える。同じ理由。一挙手一投足随時変えていく。そうしないと感染のリスクが大きくなるから。
3) マスクとは言わず、微粒子除去レスピレーターと呼ばれ、呼吸に問題が出る時があるので、酸素濃度19.5%以下では使用不可【参考、通常の空気は窒素8割、酸素2割】

素人が言えばやはり“マスク”通常N95とだけ言えばわかります。(区別されます)
取説がこれ、

スポンサーリンク

このN95を8時間実験で1日はめた結論

このN95を8時間実験で1日はめた結論は『使えない』でした。
理由は、一般に言われた「苦しくて、使えない」ではなくて『鼻が痛くて、使えない』

不織布3枚タイプの通常マスクでは隙間をつぶすために針金が入っており装着時に各自の鼻の形に合わせて隙間を詰めます。皆様ご存じの通りのアレです。
N95内側、クッション性のたかい鼻と頬当てパッドが入っています。

 

しかし、取説が言う装着方法はな!な!なんと通常マスクと同じ顔につけてから鼻の形に添って曲げろをいうのでありました。冗談じゃない!0.8mmの厚みのある金具(錫合金?)を鼻骨にきつく押し充てて曲げるのは容易ではありません。鼻がつぶれてしまう!!

私は、装着前に想定して曲げてからつけました。でもそのカーブは正確でなく着けて20分もしないで私が曲げたカーブと実際の鼻骨形が合わず痛みが出てきました。

1日はめて外した時に、途中で何度も金のカーブを直したのですが、クッキリと赤あざが残りました。幸い1時間以内にソレは消えましたので問題ありませんでしたがN95は「痛い」でした。

細気管支や肺胞など肺の内部には1.0㎛以下の物質が侵入できます
たばこの煙  約1.0㎛    新型コロナウイルス   約0.1㎛
HIVウイルス   約0.1㎛  インフルエンザ   約0.1㎛
資料編N95=0.1~0.3μmの微粒子を95%以上除去できる性能ですが、防止を有効にするには、鼻に密着させる、随時取り替えるなどの、正しい取り扱いをすることが必要です。

この品川区のPDFは大変役に立ちます。鼻に当てて金具を曲げる以外は・・。

“N95マスクの着用法” で探してください。外し方やごみになった捨て方まであり完璧です。

クリックしてmasukubougofuku.pdfにアクセス

スポンサーリンク

N95マスクの着用法

N95マスクを着用するときには下記の着用法を必ず守りましょう。マスクをつける前には手を洗い、マスクに破損個所がないことも確認しましょう。
ステップ1.マスクを手のひらにのせ、バンドを 2本とも手にかけるようにします。

資料編:
アメリカ労働安全衛生研究所(National Institute of Occupational Safety and Health:略称NIOSH)が、微粒子除去性能で規格を定め、0.1~0.3μmの微粒子を何%以上除去できるかによって以下の3表記に分けられています。
N95 : 0.1~0.3μmの微粒子を95%以上除去できる性能
N99 : 0.1~0.3μmの微粒子を99%以上除去できる性能
N100 : 0.1~0.3μmの微粒子を99.97%以上除去できる性能

リーンガードM10の詳細

「キンバリークラーク社製クリーンガードマスクN95」は、呼吸が比較的容易であり、完全予防に有効なN95マスクです。あごまで包み込むカップ型の形状と顔の凹凸にフィットするノーズパッド・ノーズクリップで気密性を高めます。

●アジャスター機能を持ったノーズワイヤを調整することで鼻周辺の密閉レベルを高めます。
●工事現場等でのご使用、大気汚染対策・インフルエンザ対策・その他感染病の予防にも。
■使用方法…(1)しめひもをほどき、マスクを広げる。(2)しめひも(下側)を首にかける。(3)片手でマスクを持ち、鼻口部にあて、もう片方の手でしめひもを後頭部にかける。(4)アジャスターを引っ張り、長さを調節する。(強く引っ張りすぎないようにしてください。)(5)鼻宛てを両手で押さえ、鼻部に合わせる。(6)マスク全体を両手で覆い、息を吐いてください。接顔部(マスクと顔の接触部分)から息の漏れが無いか確かめる。

メーカーキンバリークラーク社(Kimberly Clark)
商品名クリーンガード M10 マスク バルブ付き
サイズ横幅140mm×縦127mm×高さ60mm
質量(g)23
基本性能項目NIOSH規格値(米国労働安全衛生研究所)平均値NaCl粒子捕集効率95%以上99.3%吸気抵抗(85L/min通気時)343Pa以下85Pa排気抵抗(85L/min通気時)245Pa以下82Pa質量-6.9g

 

皆様,3密に配慮してエチケットの布マスク/キッチンペーパーマスクで生き残りましょう。