体の8 アッ!と気づく瞬間、Aha! Moment

先達ブログ
Couleur / Pixabay

ももじろうです。
いつも妻がお世話になっております。世帯主で主夫のパートナーです。

「老後を豊かに過ごすシリーズ」体の8 アッ!と気づく瞬間、Aha! Moment

スポンサーリンク

アッ!と気づく瞬間を英語でAha! Moment

NHKの体番組の「脳」を見ていたら、アッ!と気づく瞬間を英語でAha! Moment と言うことを知りました。アッ!はAha! はとても似ていて人間皮膚の色や鼻が高いだの低いだのあぐらかいているだの言っても脳は、ネアンデルタールやホモサピエンスの我々でも同じだなと感じました。

 

https://hanaandmono.com/archives/4738

英語でAha! Moment を調べてみる

先日、英語でAha! Moment を調べてみたら、とても面白いウエッブに当たりました。
1番目はその通りThe Aha! Moment by Lauren Migliore 2018年5月
2番目、その記事を読んだ人が興味をもちそうな記事として紹介されていた記事から
The Rewards of Age 年を取るご褒美 と The Best Natural Medicine? Nature Itself 最高の自然薬とは、自然そのもの の2つの記事から読ませのツボ処をご紹介します。

The Rewards of Age 年を取るご褒美

精神的に活発な50歳の脳は、絡み合った稠密な森のように見えます。この密度は、深い知識と優れた判断の両方を反映しています。 編集、法律、医学、コーチング、マネージメントなどの分野で年齢がそれほど有利なのはこのためです。 経験で取得された学習知識に代わるものはありません。

高齢者の脳はより感情的な平穏を示すことが研究によって示されている。未知のものに向かって引き出す脳の原始的な恐怖反応の部分は、より休眠状態になり、肯定的な感情が否定的な態度に取って代わる傾向があります。 これは確かに感情的な成熟の源であり、齢を取る最も大きな報酬の1つ、すなわちより深く魅力的な個人的関係に関連しています。

人生後半に強い社会的つながりを持つ人々は、より長く生き、健康上の問題が少なく、健康ではない人よりも幸福感が高いことを示しています。 他人と一緒にいることは、あなたの健康とあなたの脳にとって素晴らしいことです。 これの理由の1つは、ストレス、うつ病、社会的な孤立が脳に及ぼす有害な影響です。 慢性ストレスは、実際に脳の記憶中心を縮小し、記憶ニューロンを死滅させるホルモンコルチゾールのレベルを上昇させます。家族と一緒、何十年も前からの友人のサークルと、深く満足のいく関係が、あなたの脳を健康に浸すストレスを和らげ、喜びの気持ちを作り出す魔法です。

スポンサーリンク

Things You Can Do for Your Brain 脳のためにできること

1. 細部に注意を払う:身の回りの物と人の微妙なところに気を配りましょう。絵の陰影や筆使いの跡、ワインによりそれぞれ違う香り、国電や地下鉄のなかで聞く外国語の言語。細部に注意を払うことは、脳の壮大な運動です。

2. 旅行:不慣れな場所や状況があなたを不快にさせるかもしれませんが、それがポイントです。馴染みのない習慣を扱い、地方の方言を話し、新しい文化的驚異について学ぶことは、あなたの皮質からの主要なブラウニーポイントを得ることになります。

3. あなたのルーチンを壊してください。あなたが20年間毎日のスケジュールを守っていたら、それを壊してください。これは、あなたがシャワーにいる間に洗う身体部分の順序を変えるのと同じくらい簡単です。時には利き手の反対を使いましょう。

4. スマートな(賢く品の良い)人々に会いましょう:スマートな人々と話をする – 実際に話してください。あなたの政治的または宗教的見解に挑戦し、他の人々の視点を試すように強制する会話に参加します。質問し、議論する。意見交換のアイデアはあなたの心に質問をさせ脳を活性化します、それは常に良いことです。

スポンサーリンク

The Best Natural Medicine? Nature Itself

最高の自然薬とは、 自然そのもの
私たちの多くは都市に住んでいると言うよりもただそこで生きています。それは継続的かつ加速している傾向です・・。平均的な北米とヨーロッパ人は時間の90%を屋内で過ごしています。 これらから起こる病気は、近視、肥満、糖尿病、心臓血管疾患、行動障害およびうつ病に及びます。コンクリートジャングルでの生活は、「不安障害のリスクが21%増加し、気分障害のリスクが39%増加する」と関連しています。 さらに、統合失調症の発生率は、都市で生まれ育った人では2倍です」

市街地での生活に必ずしも関係しているわけではありませんが、室内にあまりにも多くの時間がかかることから生じる別の問題は、テレビ、コンピュータ、スマートフォンのさまざまな種類のスクリーンです。小児精神科医のVictoria L. Dunckley博士は、「普通児童は1日に7時間以上の睡眠を取りますが、彼女が“電子スクリーン症候群”と呼んでいるこれらの子供は、衝動的で気分が悪く、注意を払うことができない、感覚過負荷、修復睡眠の欠如があります」と彼女は説明しています。

自然界での経験は、「焦点を必要とせず、精神の安定を伴う」これによって、指向の注意システムが枯渇から回復することが可能になる。

「開花牧草の緑色の屋根を持つ街の景色を見ることに費やしたちょっとした切り替えは、持続的な注意を喚起するだろう」と仮説を立てている。確かに、2つの認知テストの間に緑の屋根をわずか40秒間見た参加者は、コンクリート屋根を見た人よりも大幅に優れていました 著者らは、「これは皮質下の覚醒および皮質の注意制御への向上を反映する」

「緑に囲まれた屋外活動は、活動が他のセッティングで行われた活動よりも大幅に症状を軽減しました。調査結果は、年齢、性別、所得グループ;コミュニティタイプ;地理的な部分で一貫していたと診断」

https://hanaandmono.com/archives/2376

同様に、高齢者でも自然の恩恵から除外されません。研究では、日常的に外に出ると、高齢者が健康になり、より健康でいるのに役立つことが示されています。
70歳で毎日屋外で過ごした参加者は、毎日外出していない人よりも、77歳で他の健康関連の問題の中で、骨が痛いや睡眠障害の苦情が少なかった」

これらの肯定的な影響はまた、身体的健康にも及ぶと思われる。 ロジャー・S・ウルリッヒの研究では、緑の木やレンガ造りの建物の病室からの眺めが、胆嚢手術後の回復の容易さと速度にどのように影響するかを調査しました。 ウルリッヒは、部屋から外の眺めがレンガの壁ではなく木であるときに、患者がどれほど早く回復するかによって打たれました。 平均して、レンガの壁に面した人々は帰宅できる迄に回復するために余分な一日が必要でした。 彼らはまた、はるかに落ち込み、より多くの痛みを経験しました。いくつかの対策によって、自然の木を見ていた患者は、レンガ壁に面した人より4倍優れていました。

外に出ましょう。

昔、書を捨てて街に出よう!と言うのが有りましたが、年寄りは外に出て人に会い、緑の公園を大股で歩きましょう。毎日違うルートで。夜は?
カラオケですよ!腹筋と横隔膜と喉を鍛えて、誤飲しないように!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
 にほんブログ村 シニア日記ブログへ
先達ブログ
スポンサーリンク
はなとももじろうの挑戦状