シモーヌ・ヴェイユ(Simone Veil)の訃報 お盆には自分の訃報記事を作りながら、葬儀予算を立てる。

先達ブログ

ももじろうです。

いつもジルがお世話になっております。世帯主で主夫のパートナーです。

「老後を豊かにシリーズ」お盆には自分の訃報記事を作りながら、葬儀予算を立てる。

記者は、修行中の練習と、その後も訃報の予定原稿を書き逐次更新してXデイに備える。

 シモーヌ・ヴェイユ(Simone Veil)の訃報

シモーヌ・ヴェイユ(Simone Veil)の訃報が7月1日 (日本の) 朝刊で報じられた。小さな囲み記事でした。70年代に二十代を過ごした私には忘れられない名前でした。

話が迂回しますが、セルジオメンデスのマシュケ・ナダ歴代のセルメンの歌姫がポルトガル語の歌詞を歌う中、(Noirさんのページより以下の歌詞、発音、意味を拝借しました。感謝します。)

É samba de preto velho, samba de preto tu

エ サンバ ジ プレトゥ ヴェ-リュ サンバ ジ プレトゥ トゥ

古い黒人のサンバだよ。黒人である君のサンバだよ。

ここの、ヴェーリュが私にはヴェイユと聞こえるので、マシュケ・ナダを聞くたびに思い出す名前でした。

ル・モンドの一面記事、「一人の(女の)戦い」という見出し

本国フランスでの扱いはリーダー紙ル・モンドの一面記事の通り。フランスでシモーヌ・ヴェイユの存在がいかに大きいかを言葉でなく体現した。「一人の(女の)戦い」と言う見出しがすごい。

(日本の) 新聞訃報では、1974年のジスカールデスタン大統領の下保健相として「ベイユ法」と呼ばれる人工中絶を合法化成立させたと有ります。

ジスカールデスタン大統領は、75年にはランブイエへ主要国首脳を招へいしサミットを開催しました。この記念すべき第一回目のサミットには、日本から三木首相が参加しています。

ジスカールデスタン大統領は、後の選挙敗北の原因となったアフリカからの収賄で評価は分かれる人です。

歴史的には1968年5月パリ革命が学生達の独りよがりの物だったことをドゴール大統領の第5共和政が選挙で圧勝して示し、後を継いで大統領となった大番頭のポンピドゥさんが白血病で途中退場したフランスを引き受けたのがジスカールデスタン大統領でその手腕もさることながら、彼女を保健相に任命したと言う点で、私は好きです。

彼を選挙で負かした社会党のミッテラン大統領よりカッコいい。「大統領、愛人との間にお子さんがいらっいますね?」と言う記者からの問に『それが何か・・』と答えた点においては、ミッテランさんも大好きです。

シモーヌ・ヴェイユは、ユダヤ人の両親とアウシュビッツ収容所に送られ、『妹と私だけが生き残った』と本人が語った地獄を生き延び、まだ、女性の地位がフランスでさえ低かった時代。圧倒的不利な状況下(ユダヤ人、女性、カソリックが国教)で大逆風のもと因習的不条理に立ち向かい成立させた人であり、後には欧州会議議長、再び保健相、定員40人のフランス・アカデミー会員にも選ばれました。

 

最後はフランス政府が国葬として、旦那様と一緒にフランスの偉人をまつるパリ・パンテオンに埋葬(フランス国家に貢献した人々がまつられている)したことで、いかに彼女の存在が大きい物だったのかを物語っています。

新聞記事の訃報、予定原稿として“業績をまとめた死亡記事”を量産

この様な有名人の場合、(記者は)予定原稿として、いつ誰かが死んでも良いように普段から、鉛筆なめなめ“業績をまとめた死亡記事”を量産しておくのです。我々が普段も今回も読む訃報はそうして準備されているのです。

簡単に判りやすく故人の偉業を伝えるために日々努力+準備がなされていて、それで麻雀で言うリーチ即の速さで出ます。

自分で業績をまとめた死亡記事”を一度作っておく

と言うことで、皆様も新聞には載らないかもしれませんが、ご自身の“業績をまとめた死亡記事”を一度作られたら如何でしょうか?新聞記者になった気分で一つ。

冗談では言っているのでなく、一行11~12文字x25行位に納まる様にまとめて下さい。

業績の無い場合には、これから業績を作るしかありません。ジルの家でお盆のお経をあげて下さる和尚様の、ご本人が経文の謡いに酔っているのではないかと言う感じの夏の風物詩の中、そんな思いがよぎりました。

自分で作る訃報記事の準備、写真、記事、葬儀費用まで

普段から、少し若いころの、出来るだけ写りのよい写真を遺影に用意して、自ら筆を取った訃報記事をそっと胸ポケットに入れてもらう。白洲次郎さんの様に「葬式無用 戒名不用」と行きたいところですが、簡単に家族葬でお寺さんへの払いをいれて、予算80万円位で考えました。それには働いて葬儀費用を稼がなくてはいけません。

今回の写真はル・モンド紙面から勝手にコピーしてきました。お許しください。

 

ももじろうのつれづれ記事はこちら

あなたの老後を豊かにするために、お寺の領収書とクレジット・カード

iTunesの使い方、取り込んだCDの曲名・歌手名が出ない時には

沈黙の遠藤周作とティーナ・カリーナにぞっこん

あなたの老後を豊かにするために挑戦してみよう

ロビンフット・レストラン

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
 にほんブログ村 シニア日記ブログへ
先達ブログ
スポンサーリンク
はなとももじろうの挑戦状