65歳 再就職を目指して派遣会社登録

老後暮らしのヒント
MikesPhotos / Pixabay

ももじろうが退職してひと月が過ぎ9月になった。

スポンサーリンク

ネットの求人サイト検索

再就職先を探しているももじろうは新聞や雑誌に掲載されている求人の読み込みも早くなり進化している。

朝のうちにそれらの情報に目をとおしているものの自分の思う所は見つけられないらしく、今はもっぱらネットの求人サイト検索に励んでいる。

65歳以上フルタイム、社会保険に入り、20万以上の所得。時々休みたい。さらには週末休みでなんてそんなうまい話で65歳が就職できるものだろうか?

派遣会社の登録にいそしむ

ネット掲載の求人は派遣会社経由がほとんどで、応募すると、まずは登録に来てください。という所から始まるという。

登録に行く費用も自分持ちということらしいが、結局4件の派遣会社の登録に出かけた。朝から「今日の予定は派遣会社の登録会にいく」といい、帰宅すれば、「今日の登録先のエクセルの試験は難しかった」など話してくる。それも予定のあることは生活の張り合いみたいなものらしい。

連絡がない、、、。

実際の所、派遣会社で希望の就職先を伝え登録を済ませても、採用の状況について電話連絡があったのは1件のみ。

その派遣会社はそれこそ高齢者に強い派遣会社で業務としては警備員などの労働者を募集している会社であった。その中で、珍しく事務の募集を掲載していたようだ。その派遣の登録に行くと逆に警備労働の派遣に誘われたらしい。「なんでもする」といっていたのに「掃除と肉体労働は自分には難しいと思うから」と断ってきた。

家事は家の中だけで十分というのが言い分だった。その派遣会社からは応募についての連絡があり、「派遣先に確認した所、掲載の求人は決まりました」という連絡だった。それでも大手の何の連絡もない派遣会社よりは親切だ。

スポンサーリンク

家族の落ち着かない気持ち

本当に就職したいのか?できることを探しているのか?家族としては見極めが難しいところでそれでも自分の思うところに辿り着くのが一番かしらと考えて再就職を応援していた。