竹のストレッチポールでストレッチをしたら膝の痛みが緩和した。その続き。

先達ブログ

竹のストレッチポールに乗って、右足のストレッチを続けている。

経過は良好で股関節の運動領域も広くなり胡坐もかける。膝関節の傷みもうそのように消えた。一回目の報告はこちら、竹のストレッチポールで股関節と膝の痛みが改善した

立ち上がり膝を合わせてみると、満足できない。まだ何かが足らないようなのだ。外見的にはどうかと鏡を見てみると、何かがおかしい。

関節の動きが悪いのは、左の足の関節だけではなかった

鏡を見てみると、左の足の膝にも曲がりがあるようだ。左の脚の曲がりが改善したので右の脚も変形していることがわかるようになったということか。

痛いのが右の脚だけだったから、ストレッチも右脚だけをしていた。左脚も歪みがあると言うことのようだ。両脚に変化が出てきているのだと改めて思った。

効果があったことを傷みが消えたことで実感したから、気になっていた右脚だけストレッチをしていたのだ。考えてみればバランスなのだから左右を調整すべきは当然だと言える。

そこで、竹のストレッチポールに乗った状態で、左の脚もストレッチ。ストレッチをしてみるとなんと右より動きが悪い。左の脚も痛み始めていたのだ。これからは両脚のストレッチが必要だ。両脚をゆっくりストレッチした後で、立ちあがってみると確かに膝と骨盤の締まりが違う。なるほど。

 股関節と膝の痛みが取れた後の歩き方変化もさらに変化

お尻が後に残り前傾姿勢で歩いていたわけだが、ストレッチポールでバランスを整えたら、腰で歩けるようになった。この頃感じ始めたのは、腰で歩くと言うのは、腹筋を使う。逆に腹部が締まらないと早く歩くことができない。姿勢を保持しながら歩くことの難しさを感じているのだ。こうして、腹筋を使おうとすると、呼吸は腹式でないと歩くリズムが取りにくい。という事に気が付いた。腹式呼吸を練習してみよう。とりあえずは腹部を締めて姿勢を保持するところからだと姿勢の維持を始めた。女性は尿漏れが起こりやすい構造であるし子供を産んでいれば腹部の緩みもある。骨盤底筋を鍛えることで尿漏れが防止できるというからその運動も追加してみよう。

ストレッチポールでストレッチした後実感することは、お尻が中心によるということだった

年を取るとお尻が四角になると言われるが、お尻が立体的になる感じがある。背骨の位置と骨盤の位置が正しい位置に戻るからなのか、お尻が円柱になる感じ。このお尻が中心に寄ったという感じが新鮮だ。

運動をした後の変化

ストレッチポールで姿勢を整えた後スポーツクラブで運動をしてみた。そうすると、これまでと痛くなる部分の筋肉が変化していることにも気が付いた。インストラクターがここを鍛えていますよという場所と一致している。さらに右膝の上に痛みがあった。こうして運動後の筋肉の疲れ具合を確認してみるともっと色々な変化がわかるかもしれない。バランスが改善すると使われる筋肉まで変化するのだと実感している。

ホルモンの関係で骨は痩せていくのは女性の老化ではよく知られたこと。もちろん食からカルシウムを摂取することもしていくが、筋力を落とさないことも大事なことがわかっている。女性の更年期以降の老化の変化は75歳からでこのあたりから一段と足が細くなり腰が曲がる。それまでに筋力を維持し続けることが大事と考えている。

[amazonjs asin=”B00F9VW8SC” locale=”JP” title=”LPN ストレッチポール(R)EX ネイビー 0001″]

体験してみようと思った理由は痛いところがあったからそんな経過はこちら

自分の健康のために睡眠を見直してみる

ますます綺麗になる?エステ福袋にてリンパ浄化マッサージを受けてみた 一回目

ますます綺麗になる?エステ福袋にてリンパ浄化マッサージを受けてみた 二回目

ますます綺麗になる?エステ福袋にてリンパ浄化マッサージを受けてみた 三回目

肩が痛くて眠れない夜を過ごしていた。おぼれたようにアゴを突き出したら痛みが取れた

ますます綺麗になる?エステ福袋にてリンパ浄化マッサージを受けてみた 四回目

ますます綺麗になる?エステ福袋にてリンパ浄化マッサージを受けてみた 五回目

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
 にほんブログ村 シニア日記ブログへ
先達ブログ
スポンサーリンク
はなとももじろうの挑戦状