65歳 高齢再就職条件を決める。希望条件が高すぎない?

老後暮らしのヒント
MikesPhotos / Pixabay

退職して1月目が経過している、再就職先を探しているももじろうは新聞広告の求人紙、店頭に置いてある求人雑誌、ネットの求人サイト検索に励んでいる。

再就職条件を決めた

65歳以上フルタイム、通勤時間30分以内。社会保険に入り20万以上の所得。時々休みたい。さらには週末休み。

この条件で縁故無しで65歳が就職できるものだろうか?

65歳で再就職するために自分が働く意味を考える

働きたい理由は「こづかいが欲しい」からというのだが、、、。これから何年働けるかわからないし、とあいまいな返事。平均以上の年金もあるうえに貯蓄もあると思う。結局は自分の楽しみのための労働で、年金だけで暮らしていけない高齢者の就職探しとは違う次元のようだ。のんびり構えて就職先を探してみればいいかも。といいつつ、挫折を繰り返しているうちに鬱になっていく初老の老人も多いので家族としては見守るしかない。

65歳以上の求人先は3Kが多い

ネットや新聞広告の求人をみながら65歳以上の就職を探すと、マンション等の掃除の仕事、早朝スーパーの棚卸とか、介護の仕事でどれも800円-1000円。時間も3時間の労働がほとんどだと言う。それらは、先輩や同年代の友人達から教えて貰った情報で一致していて、それしかないことを確認している状況となっている。

ももじろうの就職に対する反応はというと、新聞広告求人のキャッチコピーが「普通に親切な人」と書かれた物を見つけて大喜びしている状態で真剣に探そうとしているのかしらと思うこともおおい。

それでも実際に店頭の求人誌の掲載に連絡してみて年齢を確認されると「定年が65歳なので、、」といわれることが多い上に、掲載以上の労働時間の延長はありませんといわれる。フルタイムに近い労働時間を望んでいるから4時間だけのパートでは納得できないらしい。

先は長いようだ。