写真を整理しながら考えた事

日々是好日
sipa / Pixabay

 

写真を整理していて、表情をとらえるのが上手い人、風景を撮るのが上手い人、違いを感じて面白かった。この違いがどこから来るのか。そんなことを考えながら写真を整理していた。

 

スポンサーリンク

記録としての写真

自分が撮る写真はどちらかと言うと、文章の補佐にするために撮ることが多く、見てみるとただの写真になってしまっていることに気が付いた。それは記録としての写真であり残念ながら深いものはない。撮影に丁寧さが欠けているのだと反省した。写真に物語がない。

写真の整理整頓

写真を電子化してボケ防止のフォトブックを作る。老後暮らしの整理整頓
ゴールデンウイークの整理整頓を思い立ったとき、一番に整理したいと思ったのは写真。これは40歳以上なら、どの家の…
毎日の習慣と達成感の継続

手作りのお弁当の写真を毎日取り、記録に残している人もいて、「レコーデイング・ダイエット」の一つとして、この方法もあると言う。これで得られるものは、習慣を具体的なアクション(写真に撮る)に置き換え継続する意思を成果にしてカタチ(写真)にすることで達成感を得ることで改善や継続がしやすくなる。という。

 

毎日の食事を写真に撮り、ブログにアップすることでブログの継続や、食事を掲載して健康状態の確認や、ダイエット写真撮影にはこんな風な意味があったのかと知った。

 

ポートレイトを替えてみようかと思った楽しそうな写真

リビングに二人を撮った写真が飾ってあるのだが、写真を整理しながら自分達らしい写真を見つけて、この写真に替えてみたいと思った。

 

記念写真風に真面目に写る写真より、写真整理の最中に見つけた写真の方が笑える。二人とも無邪気に楽しそう。

 

明るい写真には気持ちをポジティブにするお守りみたいな効果があるいうなら、それを試してみよう。

 

さらに写真に写るときにいつも真面目な顔をしてしまうけれど、これからは明るい顔を意識して撮られてみようかかとも思った。取られることに緊張するとついつい握りこぶしを作っているようだから、両手を広げて撮られてみよう。

 

自己表現の方法としてとして取り組みやすい写真撮影

そういわれると何となくわかるような気がしてくる。デジタルで結果がすぐに見えるし、撮った写真をみながら説明もしやすい。考えたことがその絵にあるので表現しやすい。

これまではそのままを写せばいいと考えていたが、美味しそうに見えると言う意識を持つって見ると、違う角度から物を見る目ができる、視点を変えた写真はこれまで以上に美味しそうに見えるかもしれない、そんな広がる意識を持ちましょうということかも。

 

スポンサーリンク

これは撮影によるフォトセラピーの基本だと言う4S

これはそのまま撮影する時の心構えとして使えそうだから残しておく。

SEACH(サーチ)  何かの一つのテーマを決め、それに合った被写体を探す

SHOOT(シュート)  「これは」と思ったものを、自分目線で撮る。

SERECT(セレクト)  撮った写真の中から、保存したいものだけを選ぶ

SPEECH(スピーチ)  どうしてその写真を選んだのか話す

 

こんな意識を持って丁寧に写真を撮っていきたいものだ。