写真を電子化してボケ防止のフォトブックを作る。老後暮らしの整理整頓

老後暮らしのヒント

ゴールデンウイークの整理整頓を思い立ったとき、一番に整理したいと思ったのは写真。これは40歳以上なら、どの家の悩みでもあるだろう。特にネガから写真にしてアルバムとして保管している物に関しては、今どきのデータとして残っている物と比べると場所をとる。

スポンサーリンク

アルバムで、90㎝の棚を使用している

しかも収納庫に入れた状態でほとんど見ることもない。目指したのは、リビングに並べて置けて、すぐに手に取れる。大きさが揃い薄いものに変える事。今あるアルバムを作り直して、フォトブックで残してしまおう。と考えた。写真は老後のボケ防止になると言う。それならなおさら手に取れるように準備しておきたい。

 

費用合計
CD化ネガ20本CD4枚10,800
フォトブック24P8冊2,864
48P2冊1,250
合計金額14,914
愛読書をBOOK SCANで電子書籍化してみた。老後暮らしの整理整頓2
ゴールデンウィークの収納庫整理整頓第二弾。それは書籍をスキャンし電子書籍にすることだった。
ネガをCDに取り込む

カメラのきたむらや、ビックカメラ、ネット上では富士フイルムなどもネガをCDに取りこみデジタル化をしている。今回は当日受け渡しが可能なカメラのきたむらに持ち込んだ。20本のネガで10,800円。期間は5日。後から持ち込んだものは当日の午後には出来上がった。

 

20年以上前のネガにはカビや劣化があり、CDの画像をみると黄色が強く出ていた。ネガも保管の状態が悪いと保存は難しいようだ。1枚のCDに最大で200枚入る。ネガの本数でCDを振り分け、4枚のCDになった。

 

フォトブックを作る

CDが準備できたので、フォトブックを作成する。おすすめランキング等を参考したが、印刷が綺麗な物は、当たり前だが値段に反映される。綴じ方も色々ありいいものは値段が上がる。

この時の条件を、安価であること。ネット上で操作が簡単であること。大きさをそろえる事。として、500円以下の価格優先で検討した。

当初シマウマプリントで考えていたが、ネットプリントジャパンはシマウマプリントと同じシステムを使っていて、どちらでも変わりがない。という情報を見つけたこと、さらにネットプリントジャパンの方が、レイアウト図が多かったので、こちらで注文することにした。

費用は、A5サイズの24Pスタンダードソフト最大数89枚。48Pスタンダードソフト最大数185枚。現在送料無料キャンペーン中のため送料がお得になり、一冊356円×8冊、625円×2冊を作成し、注文した。合計金額は4,114円。

356円の出来上がりは満足できる

郵便で届いたフォトブック

サイズは揃えた

356円でこのできなら十分満足できる。置き場所も90㎝棚が1/3ですむだろう。今後はデジタルカメラで撮った写真も順にフォトブックにしていくつもり。ネガのない写真も取り込んでしまおう。

フォトブックの質は価格で決まると理解した。価格の高いものであれば、見ごたえのある立派な写真集になることは間違いがない。(構図はともかくとして)自分の求める基準を低く抑えるとフォトブックつくりは取り組みやすい。なにしろ写真に現像するより安く済んでしまう。

すでにネガがCD化できているので、満足できなければ、さらに自分達の希望が高まるようなら高画質のブックを作り直すつもり。

スポンサーリンク

老後暮らしの準備-過去の写真はボケ防止になる

老後の楽しみは旅行で、行きたいところのリストができていて、まずは思い出の地から訪ねてみようかと考えている。

これまでの写真もほとんどが旅行の記録で、その当時はネット環境にないから地図や紙の資料もたくさんあった。そのせいでアルバムが厚くなっていた。

フォトブック作成も老後の準備で作り慣れて置けば、これからの暮らしに役立つだろうと思ったことがきっかけになったのだが、作業しながら色々と思い出すことも多く、なるほど老化防止に過去の写真を見る。ことは有効。と言われることがよくわかった。写真を見ていると、自分の見た記憶がよみがえる感じがする。くだらないことを思い出したりしていた。

旅行に行くたびに、その時の記憶を思い起こしながらフォトブックを作り、できたフォトブックをみながら、この時は。。。と考えることになる。

他には、費用も棚を買い足すより安く済むのだと思いついて満足度が高まった。やはり重いアルバムより軽いフォトブックの方が取り扱いやすい。

老後暮らしの整理整頓

老後の保険は貯蓄か?それとも安心のためか?
全ての保険会社に給付金請求したのだが、いずれの保険会社の給付金支払いについても、請求から数日で振り込みがあった…