老後資金は年代毎に分割して管理してみる

日々是好日
Pezibear / Pixabay

 

老後資金として、1000万を目安として考え、その資金を分割して管理していこうと考えている。

老後資金分割表

 

65歳まで70歳まで80歳以上
生活費600万
娯楽費用300万
介護100万

 

600万の生活費資金

夫婦で受け取る年金22万を老後暮らしの基本と考え、夫婦が年金暮らしとなるまでの不足金を準備しておく必要性があり、それが老後資金の生活費になると考えている。

 

生活費の不足分を8万とするなら、5歳差なら600万で計算は成り立つ。100万の余裕まである。家計費を、世帯年金金額に近づけることができるか

 

300万の教養娯楽費

老後のお楽しみ資金は70歳までを考えている。予算に限りがあるからそれで可能な安い旅行を選ぶことも必要になるが、それなら回数を減らすなどの方法もある。

 

100万の介護費用

自分達の分として考えている。40歳から介護保険料を払ってきているのだから、その恩恵を受けることを一番に考えている。一時払いの立替費用や、個人負担分が発生するのでその費用を賄う。

年齢別

65歳までの不足する生活費を確保すること

70歳までの教養費を生活費とは別に確保すること

80歳からの介護保険分は介護保険利用時の立替等分