老後に10万円を稼ぐための準備とは

日々是好日
jarmoluk / Pixabay

老後暮らしに不足する生活資金は8万円と言われている。そこから所得が増えるがためにかかる費用を2割引くと、10万円の稼ぎが必要になるだろう。

老後に10万円を稼ぐ方法は

 

 40代50代60代
資金運用 
資格取得 
再雇用 
資金運用

資産運用をして、運用利益にて10万を所得にすることになるのだが、運用センスを磨いておかないといけないだろう。注意すべきことは、老後資金全額を運用資金に回してしまうと、いちかばちかの賭けごとになってしまう。

ほどほどの金額のラインをどこにしておくか。を考えながら自分に合った運用方法を模索しておく必要がある。そう考えるとセンスと経験の実績が必要になるから、老後暮らしになってから始めていては遅いかも知れない。

再就職のための資格取得

老後暮らしにあると便利な資格は、独立して自営ができるような資格が欲しい。税理士とか社会保険労務士、行政書士などを思い浮かべるが、これも実績がないと安定した収入には結びつきそうにない。

その資格があれば雇用率が高くなる資格、語学や介護、PCや電気関係などはハローワークの求人を参考にしてみると就職に直接結びつきそうだ。頑張って資格を取り、実際に就職にしてみると合う合わないがあることが多いのがサービス業だと思うが、これだと自分の相性の良い職場に出会うまであきらめないことになるか。

再雇用

運用も資格取得もそれで収入を得ようとすると、センスや経験、それをするための資金も考えなければならない。再雇用ならこれまで培った経験や人間関係もあり、無難に10万を稼ぐことができる。再雇用される条件があるならその条件を理解し雇用されるべく努めてみる。再雇用を考えているならぜひ弊社にて、と請われることが理想になり、選ばれる人になることも大事になる。

年代で考えてみると

40代ならすべてを念頭に置いて初める

50代なら3つの比重を考える

60代ならできる事の洗い出し

 

準備と計画は必要になる。