ガーデナーになるとこだわりが出てくる手袋や道具

庭の手入れを始める時、計画的に手順を考えて道具を並べて始めることもあるのだが、朝一番に庭に出て伸びた枝を見つけたり、枯れた葉が目につくと剪定ばさみや草取りかまをとり、素手のまま世話を初めてしまい草木を触ってしまう。

庭仕事には必ず手袋を

動き出すとついつい夢中になるので、時間がたち気が付くと爪には土がつまり手は汚れ、腕にはとげでひっかいた傷が出来て、こうしてガーデナーになっていく。

こういったときは日焼け対策も不十分で腕に日やけの跡も付き、今年こそは日焼け対策をと考えていたのにと反省を繰り返しているのが毎年の事だ。

200円の優秀な草取り

草取り道具は200円の物だが何年も使っているお気に入りだ。ガーデナーになると、園芸用品・道具がいろいろ増えていく。園芸用品・道具はいずれも形が不規則で収納に面積が必要な事だろう。色々な園芸用品・道具が目について買いたくなる。狭いベランダで所狭しと積み上げている鉢で十分後悔しているから、極力便利かもと思う物に手を出さないようにしている。

まとめて買ってしまい在庫になっていた軍手を愛用していたのだった。これらを使い切ったことにホットしていたら丁度のタイミングで園芸用の手袋を頂いた。

薄くて丈夫、使いやすい手袋発見

これはとても使いやすい手袋で、生地の薄さとなじみの良さ、道具を握ってもつかみが良い。すべり止めも効果的で園芸ばさみも使える。

G-style アトム株式会社

g-style  PUキュート アトム株式会社

一双 309円なり。

軍手の在庫が無くなりこれからはこの手袋を買っておしゃれなガーデナーをめざそうと考えていたのに、無くなっていたからと軍手を買ってきたももじろう。

[amazonjs asin=”B015H6AQY6″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”g-style PUキュート ブラック M”]