80歳老親 要支援1 福祉用具利用サービスの進展具合

介護

三連休で敬老の日、老親のために時間を使うことにして帰省してきた。介護申請が承認され、要支援1となった母。一月目の利用内容の確認と第二段階リハビリ支援、食事サービスを検討してみる。

要支援1 一月目の利用内容の感想と利用内容の変更

福祉用具の利用まとめ
利用申請母の感想毎月費用・税控除無娘の意見
歩行器畑に行くのには使えないから返した。0行動の目的が違う。アスファルトの道を歩くためだったのでは
4点杖これは便利、家の中用、外用2本借りることにした100×2良かったね
ベット立ち上がりあると便利だと思う250×1良かったね

 

特に4点杖が気に入ったらしい。

家の中用と畑に行くためにも借りて計2本レンタルした。これまでは腰が曲がり下しか見ていなかったと本人。杖があるとそれを支えに、立ち止まり周りが見渡せるという。

椅子からの立ち上がりや家の中を歩く時にも利用している。父曰く台所に来る時にも使っていて何時も母のそばにある。「三本目の脚だ」それは良かった。

 

歩行器は、家の敷地内の石が妨げになり押して歩けず。畑に行けないからと返したと言う。

アスファルトの道を歩くためだったように思うが、4点杖でできることを見つけたので、(畑に行く)目の前の行動で満足してしまった。

 

特定福祉用具

 

特定福祉用具購入母の感想個人負担・税控除無娘の意見
シャワーチェア楽になった。使いがってが良い1,704良かったね。明るい色にすればよかったのに

シャワーチェアについても便利だと言う。杖にしろ、椅子にしろ、母の場合は立ち上がりが楽になると、便利さを感じるようだ。

ベット柵も同様で、立ち上がりの支えが便利だという。何しろ動作による傷みがあるため、

それを我慢しながら動き、歩き出すまでに時間がかかる。動き出すまでの暖機運転が必要という事かと思う。動き出すと動くことができるらしい。

住宅改修の手すり
居宅介護住宅改修個人負担・税控除無
手すり三か所4点杖があるから、いらなかったかも7,098観ていると使っているけど

なくてもよかった。というのだが観ていると使っている。本人の使っている実感が少ないのが手すりなのだと思う。何より段に上がるときに下がるときに、ため息や独り言が無くなった。

自分達もあるとそれを使っている。立ち上がりに手すりは必要なのだと思う。

買い取り折りたたみ杖(自費購入)
折畳杖個人負担・税控除無娘の意見
買い取りバックの中に入れた5,184忘れ物に注意

 

さて子支援の評価は?
子の支援
充電式掃除機毎日使っている。軽くて便利
洗濯物竿使いやすくなった

コードレスの掃除機を使いながら、杖で歩く。おかしな姿だがしたいことはできているから良しとしよう。

使いだして一月が過ぎた。ゴミはどの位溜まっているのか?確認してみるとほぼ満杯。毎月自分の誕生日に掃除機のゴミ捨てをするという。話をしてみよう。こうした条件を決めておくとゴミが満杯になることもなく、機械への負担も少ないだろう。

これまで箒で掃き出していたが、コードレスの掃除機で済ましている。絨毯の上も掃除機で掃除ができるからと喜んでいる。すごい進歩だ。洗面所の埃っぽさが無くなっていた。

マキタの掃除機は軽く扱いがシンプルな所がいいと思う。そんな事を母も感じていることが何より。

今回の水道栓の交換に納得したのは父だった。

気が付くと水が漏れていることがあったと言う。混合水栓にできたので、ちょうどいい温度に調整するのも簡単。ひねる動作が水漏れの原因だと知っていたらしい。気が付いていたなら言ってほしかった。と思ったが黙っていた。

 

老親の暮らしと関わりの記事はこちら

老親の介護期間について、より具体的に平均余命から費用を考えてみる

介護保険利用申請、利用できるまで3か月を見込んだ

高齢期のリフォーム 老化の対応力、自分たちが手を掛けて始末してきたことをお金で始末する。そのことに慣れること

高齢期のリフォーム リフォームだけでは終わらない関係を作りたい、業者選択は地元で若い社員がいる工務店

高齢期のリフォーム 広い家から狭い家に、年寄りは手に届く範囲の暮らしが快適になる

高齢期のリフォーム 先ずは危険防止 動線に設定したタッチセンサーライトは有効だった

老親介護中の方から話を聞く機会がありあなたの介護に役立てることができるチェック表を作ってみた

80歳老親の年金生活を参考にしてみた家計