夏休み工作 ジルの実家で書見/PC台製作

先達ブログ

ももじろうです。

いつもジルがお世話になっております。世帯主で主夫のパートナーです。

「老後を豊かにシリーズ」夏休、工作編

ジルの実家で書見/PC台製作

普段はリビングのテーブルでPCを使う

家でブログ記事を書く場合は、小さな家の小さなリビングの食台で書きます。

食事の位置も基本同じなので、2人それぞれが記事を書いてる様は2人が無言でそれぞれパソコン画面を見て指先だけを動かしてると言うものです。

ジルの実家に長滞在可能な専用部屋を準備した

ジルの田舎の実家に盆休み等で我々が逗留する部屋は、少し前に私が中国勤務していた時に、義父の了解の元、ジルが自腹で実家の片隅を近い将来の(親の世話を予期し)長滞在の準備で改装した部屋です。隣部屋の食堂には大きな食台が有りますが、そこで、記事を書くのは少し違うと言う気がしていました。自分達の部屋を用意した時に、自分用の机も用意したジルと違い、私には机が有りませんでした。

ジルの実家で書見/PC台製作

今回始めからこれを作ると企画していたわけではありませんが、道具や材料となる材木が一杯転がっている義父の小屋をくるっと見回して、やってみようと思い12日午後から始め13日昼過ぎまでかかり、設計図なしで都度頭の中と目の前の現物を相手に作りました。

今回は、ほとんどが32mmの釘だけで仕上げています。本の一部だけボンド使いました。

これです。記事を書く時は、ジルが『私の揺りイス』と言う、揺りイスに腰掛けて背筋を伸ば

して使います。

これで書き上げた1号作品が、シモーヌ・ド・ヴェイユの訃報記事です。(シモーヌヴェイユと通常書きますが、なぜか判りませんが私の脳の記憶装置は「ド」付で記憶しています。)

 

ももじろうのつれづれ記事はこちら

シモーヌ・ヴェイユ(Simone Veil)の訃報 お盆には自分の訃報記事を作りながら、葬儀予算を立てる

あなたの老後を豊かにするために、お寺の領収書とクレジット・カード

iTunesの使い方、取り込んだCDの曲名・歌手名が出ない時には

沈黙の遠藤周作とティーナ・カリーナにぞっこん

あなたの老後を豊かにするために挑戦してみよう

ロビンフット・レストラン