ガスグリルで調理すると、308円のピザの値段が変わる

我が家はガスグリル調理ができるガスレンジがあり、そこで魚はもちろん、肉やパン、野菜をも焼く、もちろんハンバーグも焼いている。

ガスグリルを替えてよかったと考えている点

立ち消え防止が便利。

魚を焦がさず焼ける。

調理時間をタイマーで初めから設定できて、姿を選択することもできる。

野菜を焼く、パンを焼く、等調理方法が増えた。

ガスグリルで焼いて美味しいかったと思う料理

焼き野菜

プチパン

チーズ焼き

一番はピザ

ピザはどのピザの味が一番変わるか

自家製のピザは、生地が厚くなると焼き切れていない。ことになるので通常の半分の厚みで焼いてみるといいだろう。薄くないと焼けずにパンの裏が焦げる。

宅配ピザは温めるだけで味は変わるが、変化は少ない。

冷凍ピザは香ばしさが際立つ。上から下からの火がパン生地を上手に焼いてくれる。

一番味が変わり、焼け具合がイタリアのようになるのは、食品メーカーがスーパーなどに並べている、パン生地の薄い物。値段も市販品だと300円前後なのだが、ガスグリルで焼くと、生地の裏側も焼けて香ばしさが増す。風味は倍増して、ピザの宅配よりも美味しいと感じる。トッピングにさらにチーズを加えると豪華になる。

 

[amazonjs asin=”B0197FMI8U” locale=”JP” title=”トロナジャパン 本当に旨いピッツァが食べたい マルゲリータ 1枚(240g) ピザ (冷凍食品)”]

 

ガスグリルで使える二人分の鍋をさがしていました

少人数には最適なビタクラフトフライパン鍋セットは、老親にも使いやすい鍋だった