国内旅行の旅行保険に加入する前に、カードや他の保険の補償を整理して確認しておくと安心できる

日々是好日
maxmann / Pixabay

国内旅行に出かけることになったが、さて保険をどうするか?

友人達と旅行に出る時は互いの迷惑を考えてしまうこともあり相手への礼儀として律儀に保険に加入してきた。携帯電話から簡単に加入できる500円の国内旅行保険は、時を選ばず、忘れていてもその場で処理できる優れもの。これは便利だと何度か利用した。料金の500円も気軽に利用できる金額だった。保険料請求は携帯電話料金に上乗せされ請求がきた。

夫婦で国内旅行

今回は夫婦二人、老後で旅行の機会が増えるとたびたびの保険の費用がかさむ。以前は旅行保険も年末の税申告で保険料控除の対象だったから、気軽に、どちらかというと積極的に加入していたのだが、今はこの制度はない。今回の旅行は二人だけだから保険について下調べをしてみた。

携帯電話の案内から二人加入で800円の物を見つけた

保障の内容は、死亡・後遺症548万円

入院日額4000円

賠償責任2000万

携帯品損害10万円

旅行代金をカードで支払いをしたのでカードを確認

カードで支払いをしたので、これで保険が使えるはずだが、その補償内容はどうなっているのか確認してみた。

海外旅行保険は付帯だけでカードで保障される物もあるが、国内旅行は旅行代金をカード決済した場合の保険料金となる。そうすると使えるカードは支払いをしたカードの保険のみ。

カードの国内旅行の補償内容。

被保険者の範囲は本会員・家族会員

傷害死亡・後遺障害で2000万

宿泊火災障害保険

募集型企画旅行参加中の障害保険。

動産総合保険100万円(3000円自己負担)

カードでの補償にはいくつかの条件がある。

これも使えるかもと傷害保険も確認してみた

本人

死亡・後遺症1120万

入院8500円

通院6000円

配偶者

死亡・後遺症1000万

入院8500円

通院6000円

被害事故補償5000万

個人賠償責任1億

携帯品保証もあり

医療保険

国内なので医療保険は健康保険証で済ますことができる。(もちろん海外でも医療の健康保険証は使えるのだが手続きが面倒)

今回の判断

他の補償については500円保険と比較した場合、傷害保険とカードで十分だろう。二人だけの国内旅行で保険は必要ないと判断できた。個人の加入している保険を整理して理解してみることが重要だと思う。わからなければ問い合わせてみる。

確認してみるまとめ

まずは、カードの付帯補償

国内旅行保険を利用するためには費用をカードで支払う必要性があるなど条件

傷害保険の内容

健康保険証は忘れずに持っていく

 

保険は難しい

あえて、65歳で増額したがん保険 

個人年金保険を掛けているなら賞与で前納を考えてみる。50歳から考えておきたい老後資金について

あなたの老後を豊かにするために 体の1