定年後、前向きに自分の現状を検討してみる。50代から考えておきたい老後資金について

日々是好日
DariuszSankowski / Pixabay

老後を考え、そのライフプランを考える時、老後の暮らしを考えることになる。老後を暮らすために家庭経済プラン。健康プラン。生きがいプラン。この3つの組み合わせを考える必要があり、こうした老後の生活設計について悩みや不安を感じるのは普通の事。それに気が付いたら次は自分で検討してみたい。

男性55歳から70歳まで、15年の生活費の変動

これを表にしてみた。

再雇用を選択

 

無職を選択

 

目標の350万で暮らすためには、この部分の不足を貯めておく必要がある

50歳から350万で暮らすとして、いくら貯めれば収支が合うのかを考えてみた表であり、負債は計算していない。

再雇用の場合

無職の場合

すべては夢のある人生で終えるために

定年後、再雇用賃金の仕組みについてイメージしてみた

老後の暮らしを350万と考えてみると、生活費はこうなる

日々の暮らしも腹八分目、ゆるゆると引き締める。50代から考えておきたい老後資金について

生活家電とリフォーム費用。50代から考えておきたい老後資金について

始めの一歩は資産確認・それとも掃除?50代から考えておきたい老後資金について

紙の始末と書類の整理。50代から考えておきたい老後資金について

貯蓄を考えるため前に貯蓄を継続できるパターンを探す。50代から考えておきたい老後資金について

定年・終活この変化を受けとめるか、路頭に迷うか。50代から考えておきたい老後資金について