生活家電とリフォーム費用。50代から考えておきたい老後資金

老後資金計画
Pitsch / Pixabay

掃除を進めながら、老後暮らしに必要なチェックをしてきたので、その記録を確認してみる。

 

50代で調べてみた老後の買替必要家電

 

税別
エアコン99,800
冷蔵庫92,800
洗濯乾燥機104,800
炊飯器42,800
テレビ45,880
PC94,800
ガス給湯器160,000
トイレ100,000
ガスレンジ168,000
合計908,880

 

本日の新聞広告で金額を調べてみた。家電にこだわりがあるわけではないので、今使っているサイズのもので一番安いものを掲載。しかしエアコンは3台ある。

家電にこだわりがある人はその金額を基準として記録しておく。

こうしてトータルで考えてみると全部買い替えると約100万以上必要なことがわかる。ここに掲載していない家電や設備もあるから、必ずそれ以上の額が必要なるということ。

実は我が家の家電はどれも20年物。一番新しい物はガスレンジ。家族数と在宅時間が少ないのでいずれも使用時間としては短いが、どの家電も修理部品はないので修理は不可能。動かなくなったら買い替えるしかない。残念だがどの家電もいつ壊れてもおかしくない状況である。

50代で検討してみた自宅の不安全個所とリフォーム案
手すり6,980
畳表替え3,800
障子張替1,380
網戸張替1,550
合計13,710

この金額は工賃で一畳、一枚の料金であり、それに手すり本体の料金がかかる。

老後資金を考える時に、家電の買い替え予算は必須と考えているが、いくら準備しておけばいいのか

一番の理想は、全額と言うことになる。そうなると200万近くを準備しておかなくてはならない。これは気が遠くなる金額だと思う。

そこで一番高い家電額までを貯めることを第一の目標にしてみる。そうすると必要な金額はこの表ならガスレンジ168,000円になる。

リフォームについても優先順位を付けて考えておく

余裕があるなら、50歳代はエコ重視のリフォームを考えてみる。例えばインプラスで二重窓にしてみる。カーテンを二重の物に変える。エアコンの掃除をして効率を上げる。そんな些細なエコの取り組みを積み重ねていきたい。

 

老親の暮らしと関わりの記事はこちら

高齢期のリフォーム 失敗と反省。活用できた助成金と費用について

高齢期のリフォーム 老化の対応力、自分たちが手を掛けて始末してきたことをお金で始末する。そのことに慣れること

高齢期のリフォーム リフォームだけでは終わらない関係を作りたい、業者選択は地元で若い社員がいる工務店

高齢期のリフォーム 広い家から狭い家に、年寄りは手に届く範囲の暮らしが快適になる

高齢期のリフォーム 先ずは危険防止 動線に設定したタッチセンサーライトは有効だった

老親介護中の方から話を聞く機会がありあなたの介護に役立てることができるチェック表を作ってみた

80歳老親の年金生活を参考にしてみた家計