母の咳がひどい。埃アレルギーかと考えていたが薬の処方が変わっていたから副作用かも

介護
Pexels / Pixabay

母の咳がひどく夜も寝ていないようだ。何かのアレルギー症状に思えたから、ほこりが溜まりやすい洗面所(乾燥機を使うので衣類の埃が積もる)トイレ、棚に手が届かない。そんな個所を重点的に掃除を始めた。

掃除をしても症状に変化はなく、比較的埃が少ない台所でも咳が止まらない

母は自分の薬を食器棚の棚に置いている。確かこれまでは二種類だったはず、置いてあるのは3種類。これまでと違う薬になっていた。

確か母の話しはこうだった

咳が止まらなくて、寝られない日を過ごしていた。父がすすめて近所の内科で受診した。先生も熱はないし、風邪ではないようだと診断あり、とりあえず咳止めをと薬をもらった。しかし薬の効果を感じなかったという。そこの診療所では健康診断も受診している。昨年のレントゲンは問題なし。

今は整形で処方された薬を飲んでいる

そこで、「この薬に替わったのは何時か?この薬に変えてから咳がひどくなったように感じないか」と聞いた。

お薬手帳には3月28日から変更したシールが貼ってあった。薬の内容説明用紙は捨てたという。ネットで副作用を調べてみたが、喘息の症状はあったが、咳の副作用の明記はない。

「しばらく薬を飲むのをやめてみたら」と言うと「薬局で相談してみる」「痛み止めだから」と納得していない。飲まない事にも不安の様子。これだけひどい咳があるのだからそちらの方がつらいだろうと思うのだが、止めてみるという判断もつかないらしい。生真面目にもほどがある。

止めてみて咳が出なくなったら、その薬の副作用と判断できるのだが。

母との会話を避けて、掃除に逃げた娘でした

老親との会話に疲れる娘。話し終わったと思う話を何度も聞かされることにうんざりする

老親の家を片づける覚悟について

老後の「捨てる」は気力と体力が必要

老年期の実家の不用品始末

老老介護の危うさを目の当たりにする

老親介護中の方から話を聞く機会がありあなたの介護に役立てることができるチェック表を作ってみた