懐かしのおばあさんの靴下

日々是好日

靴下がなくて買いに行く。こんな靴下を発見。おばあさんが履いていた靴下。買って履いてみた。

薄くて靴にも履ける。何より足袋の指先がきつくない。足袋状の靴下の欠点は指が短いことだった。そのせいで指先が窮屈に感じる。足首のゴムも緩やかでこれは試してみたほうがいい。

母に見せたら「おばあさんの靴下をどこから探してきたの?」という。さすがにおばあさんの箪笥は空っぽです。箪笥はまだあるけど。

 

なんとなくの話はこちら

大阪のお土産、中之島キャラメルスカッチと試食のおかわり

庭仕事はおてんとうさまが支配している

のりの乾燥材で「芝生の草取り見える化」を思いついた