男性新入社員のピアスの穴が埋まる頃、一人前のサラリーマンになるのだろうか

日々是好日
srohilla69 / Pixabay

4月で電車の中も新人が目立っている。彼らはまだ学生気分でいるから、座席に座るのも足を大きく広げて場所をとる。通路を塞ぐ態度もでかい。隣に座るサラリーマンは足を綴じて迷惑が掛からないようにこじんまりと座っているのだった。それが君たちの未来に近いのだぞと思いながら。

男子新入社員だとわかる絆創膏

彼らの耳には、ピアスの穴を見えなくするためカットされた絆創膏が貼られている。これも春の電車の中の風物詩と言える。

そう考えてみると、それが女性であればピアスを開けたままにしておくことも可能だろうが、男性の営業職でピアスを開けたままにしている人に出会っていないことに気が付いた。

自分の意志で開けたのであろうピアス。それも今となっては、若気の至りで開けたと反省しているのだろうか。たいてい会社面接までには塞いでしまうように思うけど、彼らは抵抗していたのだろうか?それでもそのピアスも社会人になればこうして塞ぐしかないのだろう。

今の社会で、男子のピアスが許されるのは技術の人ぐらいか?女優さんが、「時代劇に出ることもあるからとピアスを開けないという」という話を読んだとき、かしこい人だ。と思ったことがある。きちんと自分の将来像を描ける。

彼らもこうして自分でもけじめをつける必要性を感じたのか。それにしても同じサイズにカットされた絆創膏が新人皆のピアスの穴を隠している。

それでも新人たちはまだ華やか

そんなせっかく空けたピアスも隠しているのだが、それでも彼らは生気に満ち、パワーがにじみ出ている。そんなオーラをいつまで保てるのだろう。

隣のサラリーマンと区別がつかなくなるのは何時頃か

新人の集団でいる時の力強さも、一人になると薄まってしまい、サラリーマンと言うくくりの中に同化してしまう。社会人になり自立を求められた時。電車の座席にどてんと座らなくなり足を綴じて隣の人を感じるようになった時。ピアスの穴がふさがった頃には彼らは仕事ができるようになり一歩前に踏み出すのだろうか?

 

なんとなくの話はこちら

大阪のお土産、中之島キャラメルスカッチと試食のおかわり

庭仕事はおてんとうさまが支配している

のりの乾燥材で「芝生の草取り見える化」を思いついた