竹のストレッチポールで股関節と膝の痛みが改善した

日々是好日

ストレッチポールに乗ってみたら膝の痛みが取れたという話

ももじろう竹でストレッチポールを作る

ももじろうが自作した竹のストレッチポール。

年末工作報告。カーナビ木製スタンド、筋膜リリース・スティック、竹製ストレッチポールを作った話
ももじろうです。いつも妻がお世話になっております。世帯主で主夫のパートナーです。本日は年末に製作した工作報告をします。

ももじろうは熱い思いがあるようだが冷めた目で運動を見ていた。入浴後、寝る前に使うつもりだったのだろうストレッチポールがリビングに置いてあった。ちょっと乗ってみるかという軽い気持ちで、借りて乗ってみたのが金曜日。乗ってみたら仙骨部分が痛かった。実は仙骨は尻尾の骨。折れても問題はない骨だという。

尻尾の骨の骨折

20数年前のある日、食事を済ませた店舗から出たところ小雨が降り始めた。そこで傘をさして歩き出したとたん、タイルの階段で滑ってあおむけになった。その時に階段の角でしたたかに打ち付けて骨折したのが仙骨、尻尾の骨だ。後日「階段を見に行ったら角が欠けていた」とももじろうが報告してくれた。優しいのか楽しんだのかなんとも言えない感情だったことは今でも覚えている。

仙骨骨折の治療方法

病院で骨折には違いがないが治療の方法は安静しかないと言われ、痛くて動けないだろうからと入院を勧められたが断って帰ってきた。今なら保険金が入るし、ご飯も作らなくていいかと計算できて「すぐにでも入院します」と答えるだろう。

こんな場面で仙骨骨折

仙骨骨折なんて珍しいだろうと思ってきたが、20年数年の間に4人に出会っている。一人目は階段で滑って転んだ。二人目はなんと自分の後ろに立てたまま置いてあったペットボトルに気が付かずそれに乗ってしまった。三人目は踏み台から落ちた。4人目は紐を踏んでいて、それを知らずに他の人が思いっきり引っ張ってあおむけになった。したたか腰を打ったと思っていたら、仙骨が折れていた。雨のタイルや、足元は注意したい。低い台でも落下したら折れることもある。ましてや骨密度が低くなる女性は注意が必要だと思う。

意外な骨折では布団から立ち上がるときに布団が足に絡まり股関節を骨折した方もいたから高齢者の方は注意して布団をきちんとはがしてから起き上がろう。

この仙骨の骨折部分はしばらく痛かったが安静にしていて治り、(安静以外の治療はないと言われたので家で寝ていた)雨の時に思い出せと言わんばかりにしくしくと痛む程度で日常生活には問題がなかった。

ストレッチポールで骨折した場所が痛い

ストレッチポールに乗ったところ折れた場所に当たり、「折れた場所が当たって痛い」と言った。そこが痛くないようにポールの上で体を揺らしてみたらなぜか当たらなくなり「もう痛くない」とその日は特に効果を感じたことはなく寝た。

翌日の土曜日スポーツクラブでいつものように運動を始めようと姿勢をただしたとき、「あれ何かが違う」と感じて、自分の足を見てみるとO脚になりかけていた膝が付く。

そういわれると、股関節も動く。誰にも言っていなかったが、この所、右の股関節の動きが悪く、股関節の可動域が無くなってきていた、要するに股関節が開かず、胡坐は組めない。歩いていても股関節が抜けるような感じがあり、歩くと脚全体が痛い。特に関節の部分が痛くて、膝の痛みも強かった。この右膝は運動で痛めひざ下の筋肉が痩せた状態のままになってしまい、膝の腫れがある。けがをして数年経過しているが、この所傷みが続いていたのだった。

確かめるように歩いてみると、その痛かった股関節がきちんと動く。痛くないことに気がついた。なんと股関節が痛みが取れ開く状態になっていた。言われてみると膝の痛みはあるのだが、これまでの痛みとは違う、何かが違う感じだった。

痛みがあるのに運動と思われるだろうがプールは温水で、そこで運動すると脚のむくみが取れて楽になる。楽になるのがわかっているので傷みがあっても運動は続けていた。たぶんその痛みは何かができなくなるほどの痛みではなく、何かをしていると忘れてしまう程度の痛みだったのだろう。

ストレッチポールにはO脚改善の効果もあるという

自宅に戻り、ももじろうにストレッチポールの効果を確認してもらうとなるほどO脚改善にも効果があるということがわかった。

自分では背骨の位置が正しい位置に戻り骨盤が動くようになった。そこで股関節が正しい位置に収まった、そのために膝の位置も安定し宙ぶらりんになりかかっていた膝が固定されたという感じ。膝のねじれが取れた感じなので。

それから、3回ほどのストレッチポールでの運動で、(O脚改善のストレッチポール利用法というのがある)股関節を緩め膝関節をストレッチしたら、歩きだした時に骨盤が動くのを感じるようになった。それは歩く時に、腰から歩くことができるようになっていたということで、その時はまだ、膝の痛みはあったのだが、ねじれがもとに戻るような痛みで、そのうちに膝の痛みまで取れてきた。今ではあれだけ痛いと感じてきた膝の痛みが改善している。ではO脚の改善はと言うと、以前ほど開きはない。すっかりよくなるには数年かかるだろうが改善の方法が見えたように思っている。

高齢になるとこんな感じで歩いてしまう

先日も若々しい恰好をした小奇麗な叔母様が歩いているのを後ろから眺めた。その時にお尻が後ろに残り、上半身が足より先に出る。姿勢は上半身だけ前かがみ、腕を振り、肩でバランスを取りチョコチョコとした歩き方を見ながら、すっかり腰が曲がった母のようだとみていたのだが、自分も同様に歩いていたと思う。股関節と膝が痛かった時は、足が前に出なかったからだ。とにかく歩きながら姿勢を保持することが難しかった。腰で歩けるようになったら、背筋はまっすぐにしたまま、足が前にでる。というより、骨盤が前後に動く感じなのだ。足で歩くと言うより腰で歩く感じ。これは歩き方としては楽だ。

こうしてストレッチポールに乗り、股関節の位置が正しい位置に戻ったら、股関節も膝も傷みが取れた。本当は肩こりがひどくてその痛みを取りたかったのだがそこはまだ改善していない。

効果は人ぞれぞれ正しいやり方を学ぶことから

週末だけとはいえ、スポーツクラブに通って10年は過ぎている。筋力もそこそこあると思うので、ストレッチ効果が高いと言うこともあるだろうが効果があった。関節の動きは正しい方法で実践できないと変形してしまう。まずは正しいやり方を学ぶことから始めよう。

[amazonjs asin=”B00F9VW8SC” locale=”JP” title=”LPN ストレッチポール(R)EX ネイビー 0001″]

体験してみようと思った理由は痛いところがあったからそんな経過はこちら

肩が痛くて眠れない夜を過ごしていた。おぼれたようにアゴを突き出したら傷みが取れた
ストレッチポールの利用で足の痛みは消えた。寝る時間を決めて寝ることにした。それなのに、肩が痛くて眠れない。