すでに始まっているのに話題になっていないように思う、セルフセルフメディケーション税制

日々是好日
medpakiety / Pixabay

2017年1月より新しい税制がはじまっているのだが、話してみると誰も知らない。

健康診断などを受けている人が、医薬品等の市販品を購入した時に所得控除を受けられるようにしたもの。2021年12月31日までなので計画的に活用したい。

 

これまで医療費控除の恩恵を受けたことがないと若い世代、高齢者でも高い健康保険料を払っているだけで通院していないという元気な人、そろそろ健康診断より詳しい検査をしたいと考える中高年にも、この税制は活用できると思う。

セルフメディケーション税制とは

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

国税庁のホームパージより厚生省のホームページの方がわかりやすかった。

厚生省のホームページはこちら

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

目的

疾病の早期発見と軽度な身体不調に対して市販薬等で自ら手当をして、自身の生活の質を改善し、国の財政圧迫している医療費の適正化を図る。

これまでの医療費控除と違う点

医療費控除としてはA、Bのいずれかを選ぶ。

A 従来の医療費控除

B 所得税、住民性を納めている方で、

健康の保持増進及び疾病の予防のために健康診査を受診、セルフメディケーション税制対象品目を12,000円以上購入した時控除される。

対象となる健康診査

特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、ガン検診

チェック表

健康診査等の種類
検診種類/家族数検診日受診者領収書/証明書検診結果検診日受診者領収書/証明書検診結果
1特定健康診査
2予防接種
3インフルエンザ
4肺炎球菌ワクチン
5
6定期健康診断
7健康診査
8ガン検診
9
10大腸
11
13子宮がん
14乳がん
12人間ドック
13脳ドック

 

対象となる医薬品は?

厚生省のサイトセルフメディケーション税制対象品目一覧

医薬品用チェック表

医薬品等
購入日医薬品名購入者購入先領収書/レシート
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11

 

 

減税計算方法

課税所得400万(所得税額20%)の人が健康診査や対象医薬品を5万円購入した。

50,000円-12,000円=38,000円

減税額計算

所得税:減税額は38,000円(控除額)×20%(所得税率)=7,600円

住民税:減税額は38,000円(控除額)×10%(所得税率)=3,800円