老齢期になったからといって綺麗になるのに遠慮はいらない-遊び人レベル4 美容形成皮膚科で疣を取る

日々是好日
chezbeate / Pixabay

再就職してひと月、初給料を頂いたももじろう。給与額は新卒社会人の賃金とほぼ同額でこの金額は老齢年金の金額と同額でもある。

ももじろう再就職の賃金割り振り

再就職の賃金から、取立ての厳しいパートナーに生活費として5万円を家に入れるように言いつけられたが、気前よく渡してくれた。これは勤め始めた会社員(新人)が両親の家に同居した場合、家に入れるお金と置き換えたい。母親ならその子の将来の資金として全部もしくは一部になるのだろうか?それを息子のための貯金に回してくれる所だが、パートナーとしてはありがたく思いつつ、生活費として消耗していく。

 

小遣いは新卒新人並みの金額でそれは自分のために使うときめた

これまでは、個人の懐具合を相手に公開していないから、個々が小遣いとして使っているお金がどのぐらいあったのか知らないまま過ごしてきた。再就職の色々な相談事でおおよその給与金額を知ることになり、生活費として出してくれた金額の残金が、ももじろうの小遣いとなり、その金額も新人並みであることを知った。新人と大きく異なるのは将来に向けて貯金を考える必要性がないことで、やりたいことがあればそれを使うという。「再就職して得た給与から生活費を渡したら、残りは小遣いとして、自分がやりたいと思っていたことを始める」と言い出した。今月は美容皮膚科の治療費だという。

老年期だから美容皮膚科で見た目に磨きを掛ける

そもそもこの美容皮膚科の話しは、親族が集まった法事で80歳を超えた叔父が「右頬にあった老人性のシミを皮膚科で焼いて綺麗にしてもらった」と話しだしたことがきっかけだった。「年よりくさいのは嫌だという」次の集まりでは、別の叔父が前回の話しを聞いて「そんなに簡単にできるならと自分も早速焼いてきた」と言い綺麗になった部分を見せた。それを見せられた母まで、「自分もやりたい」と言う始末。老齢期盛りの親族が集まるとそんな話で盛り上がるのだ。それを聞いていたももじろうも自分も疣を取りたいと言い続けていた。「75歳でやるよりも65歳でやったほうが治りも綺麗だし、自分も幸せな気分が長くなるからやるなら早い方が良いでしょ」という。確かにそうだ。

美容皮膚科の選択

美容皮膚科に通院するにあたり、信頼性と技術が高い病院を探していた。考えてみるずいぶん前から受診のための準備だけはしていたのだ。しかしその病院に通院するとなると距離がある。治療後に通院が必要となった場合通院しきれるのか。と不安があった。これまでにもそんな話を何度か繰り返したのだが、突然の出張などがかさなり踏み切れないまま数年が過ぎていた。

技術も大事だけれど、傷が綺麗に治りきる。ことが重要で、施術後の通院を考えると、自宅に近い病院の方が通院するのも相談に行くのも気軽かもしれないと思うようになっていた。夏の季節は、治療後汗や日焼け防止の管理対策が必要だろうし、それがきちんとできないとただ傷を増やすだけの治療になってしまう。冬の季節は夏より紫外線が少なく、汗や温度で化膿する心配も少なくなる。幸いなことに皮膚の治療を始めるには10月というのはいいタイミングだった。

そこで、ももじろうにこれまでの検討してきた病院とは違う、近所の美容形成皮膚科に行くことを薦めてみた。話をした翌週には、早速受診してきたといい、次の週にはレザー治療をしてきた。と保護テープを貼っている。右のシミを取ったと思ったら次は左にテープを貼ってきた。あとこことここ。そんなに治療するのかと驚いた。「全部で10万ぐらいかな」という。照射後の傷みはないという。

老齢期になったからと言って、綺麗になるのに遠慮はいらない

美容皮膚科に通院しているももじろう。「見た目が変わると気分が好いから」の発言はこれから老齢期を迎える自分にとっても新鮮だった。年寄りだからとあきらめるよりも年寄りだけど色々工夫すれば楽しく生きていくこともできる。と思える一言だった。

そんな前向きなももじろうは、右の疣とシミを取ったと思ったら次は左にテープを貼っていて、こちらが疣でこれがシミ。それぞれに治療に照射するレザーの種類が違う。ほくろは皮膚を深く取ることになる。さらには保険適応を選択すると使うレザーが限定されてきちんと取れないから自由診療にした。など、この先は美容家にでもなるのだろうか。と思うほど治療に詳しくなり事細かに説明してくれる。

疣は一つとると次が気になるという話を聞いたことがあったが、それは男性も同じらしい。「自分がきれいにすると他人の顔が気になって仕方がないでしょう」というと、「その通り、話している相手の顔に疣があると綺麗に取れますよ。と説明したくなる」と喜びを分かち合いたくて仕方がない様子でそれも面白い。

 

ますます綺麗になり、老後の楽しみはこれからだ。

 

美容皮膚科の治療について安易に薦めているわけではありません。美容皮膚科についての消費者省の案内をご確認ください。

消費者省

美容医療を受ける前に確認したい事項と相談窓口について