ルーブル「ピラミッド」設計、I.M.ペイ逝く、102歳

先達ブログ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ


ももじろうです。
いつもジルがお世話になっております。世帯主で主夫のパートナーです。

「老後を豊かにシリーズ」ルーブル「ピラミッド」設計、I.M.ペイ逝く、102歳

スポンサーリンク

 中国系アメリカ人イオ・ミン・ペイ氏の訃報

5月17日の日本の新聞に中国系アメリカ人イオ・ミン・ペイ氏の訃報が載りました。
それによると16日、ニューヨークの自宅で死去となっております。元のNYタイムズによるとアメリカ東部時間火曜日(14日)早朝に亡くなったとなっています。

スポンサーリンク

日本の新聞は共同通信が配信

①1917年4月、現在の中国・広州市生まれ。上海や香港で育ち、②1930年代に渡米しハーバード大で建築学修士号を取得、ニューヨークなどで高層建築の設計などを手掛けた。他の③代表作は米首都ワシントンのナショナル・ギャラリー東館(78年) やオハイオ州クリーブランドの「ロックの殿堂博物館」など。

④89年のピラミッド設計では、ガラス張りの斬新な造りにパリ市民から反発の声も出たが、現在では人気スポットとして親しまれている。

83年に建築界最高峰とされるプリッカー賞を89年に高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。
とNYタイムズの記事の大幅縮小記事になっております。

なので、省略された部分を私とグーグルの翻訳で補足してお送りします。

スポンサーリンク

まず最初にお伝えすべきは彼の基本設計ポリシー

What he valued most in architecture, he said, was that it “stand the test of time.”
彼が建築において最も評価したのは、それが「時の試練に耐える」ということ。

① Son of a Banker 銀行家の息子:1917年4月26日、広東省(現在の広州)で、中国を代表する銀行家の一人であるTsuyee Peiの息子として生まれ。 幼い頃、父親は家族と香港に移転し、中国銀行の香港支店の首席を務めました。イオ・ミンが9歳のとき、父親は上海の大きな支店に転勤しました。彼は中国の伝統に浸った裕福な家庭で育ち – 夏には父の家族が500年以上住んでいた田舎の村で過ごし先祖崇拝の儀式を学びました- くわえて西洋の洗練を 。

② アメリカの大学に通うことを決心し、彼はペンシルベニア大学に入学しました。しかし、彼が当時ペン大で教えられていた古典的な描画技術には達していないと彼が結論したとき、彼はマサチューセッツ工科大学に移籍し、1940年に建築学の学士号を取得しました。

戦争の脅威と中国における共産主義革命の可能性の増大を懸念していた彼の父親の勧めで、彼は帰国するという彼の計画を延期しました。代わりに彼はハーバード大学大学院デザイン学部に入学し、そこでバウハウス学校の創設者であるドイツのモダニスト建築家ウォルター・グロピウスのもとで学びました。

ハーバードには戦争の間比較的少数の男性しかいなかったことを発見した – 「私、中国国民、そして【徴兵されないと言う意味での】女性だった」と彼は思い – 彼は戦争の努力に加わることを決心し、国家防衛研究委員会に参加した。NJ州プリンストン大で、彼は爆弾の融合に関する専門家になりました。

「彼らはあなたが建物を建てる方法を知っていたら、あなたはそれらを破壊する方法を知っていたかどうかを考え出した」とペイ氏は言った。

彼がM.I.T.にいる間、ペイ氏は別の中国人のアイリーン・ルーと出会い、1938年にマサチューセッツのウェルズリー大学で美術を学ぶためにアメリカにやって来ました。ペイさんと同様、彼女は中国の著名な家族の出身です。二人は、1942年に卒業するとすぐに結婚しました。アイリーン・ペイはハーバード大学でランドスケープ・アーキテクチャーの大学院で働き始め、夫はその後の1946年に受理した修士号の為に勉学に励みました。

③ ナショナル・ギャラリー東館

オハイオ州クリーブランド市「ロックの殿堂博物館」

ロックンロールファンではないペイは、当初この仕事を辞退しましたが、気が変わった後は、Rolling Stoneの出版社であるJann Wennerとロックコンサートに出かけて、音楽の精神を表現するという課題に備えました。

④ 1989年ペイは、彼の最も有名な作品の一つパリ・ルーブル美術館のガラスのピラミッドの前に立ち「私が狙った通りに出来た、これこそがルーブル美術館です」と言いました。

彼の多くの美術館のほかに、彼はコンサートホール、学術の構造物、病院、オフィスタワーおよびダラス市庁舎のような市民の建物を1977年に完成しました。 1979年に完成したボストンのジョンF.ケネディ図書館。 ニューヨークのマウントシナイ病院のグッゲンハイム館は、1992年に完成。

スポンサーリンク

典型的なニューヨーカー

ペイ氏は典型的なニューヨーカーになり。成長した息子3人娘1人の彼と彼の妻と家族は、イーストリバーに面したサットンプレイスのタウンハウスに引っ越しました。彼は戦後のアメリカの芸術の熱心なコレクターになり、そして彼のタウンハウスにはモリスルイス、Dubuffetとde Kooningによる作品があります。

彼はまた、ウェストチェスター郡のニューヨーク州カトナで家族のために週末の家を設計し、そこに彼はアンソニー・カロによる高さ16フィートの彫刻を設置しました。

ペイ氏は中国との関係を決して断ったことはない。彼の子供たちは全員中国人の名前を与えられ、彼が1983年に生きている建築家が受け取ることができる最も高い名誉として広く見られてPritzker賞を獲得したとき、彼は中国建築学生の奨学金基金を設立するために10万ドルの賞を使いました。

スポンサーリンク

ペイの生涯で大変な時期

順調に見える、ペイの生涯ですが、大変な時期もありました。ボストンのコプリースクエアにある、背の高いジョンハンコックタワーのガラス外壁が脱落して補償しなければならなかった時です。

設計事務所パートナーのHenry Cobbによって設計された青みがかったガラスの薄くて優雅なスラブは、ガラスのシートがファサードから飛び出し始めた1973年に完成に近づいていましたが、すぐに合板に取り替えられました、しかし問題の原因が発見されることができる前に、ガラスの3分の1近くが脱落して、ペイ氏と彼の会社の専門的な恥ずかしさと莫大な法的責任の両方を作り出しました。

専門家によると、この欠点はペイのデザインではなく、ガラス自体にあるのです。ハンコックタワーは、新しいタイプの反射型の二重窓ガラスを使用した最初の高層ビルの1つでした。

建物自体は最終的にアメリカ建築家協会の25年賞を含む多数の賞を受賞しました。 しかし、ハンコックがガラス脱落の悩みを止めて20世紀後半の最も美しい超高層ビルの1つとして評価されるまでには、8年間の法的争議、何百万ドルものファサードにある10,344枚のガラス窓の交換が必要でした。 世紀。

問題はその開業を3年遅らせ、一時的な合板の窓はボストンのすべてにそのトラブルを常に思い出させていました。

ハンコックでの問題を解決するための長い闘い、そして危機からのフォールアウトは、1970年代に、ワシントンのナショナルギャラリーの勝利にもかかわらず、ペイ氏にとっては苦い10年でした。

1973年6月、ボストンにあるペイ氏のジョン・ハンコックタワーで、作業員が風に吹き飛ばされた多数のガラス板を合板に交換した。欠点は建築物ではなくガラスにあったが、エピソードはペイ氏にとって壊滅的後退であった。

スポンサーリンク

102歳の誕生祝

先月4月の誕生日に彼は家族と共に自らの102歳の誕生日を祝ったのでした。