「老後を豊かに過ごすシリーズ」 わらしべ長者ミニ

先達ブログ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ


ももじろうです。

いつもジルがお世話になっております。世帯主で主夫のパートナーです。

「老後を豊かに過ごすシリーズ」わらしべ長者ミニ

スポンサーリンク

留守の時は新聞を留めよう

黄金週間に湯沸かし器が23年のお役目を全うして旅立ったので、新品に替わった件は既にお知らせ済ですが、その結果いつも連休が始まると直ぐに山の別荘へ行っていたのが連休の中日からの出発になりました。

これもいつも通り、我が家は今でも新聞を購読している堅気の家ですから、新聞配達店に『帰宅の日の朝に、留めた分を全て配達願います。』の指示を出して別荘(ジル実家)へ繰り出します。

嫁いだ娘の権利の行使

別荘から帰る時は、嫁に行った娘が実家から頂ける物は頂いて帰ると言う“権利の行使”があり、車の中は野菜から、米から、時にはこんな物(持ち帰り、ごみの日に一緒に棄てる不燃ごみ)もと言うことが有りますが、今回はミエに住むギフが一杯作った胡瓜の苗が有りました。

家に帰って溜置きした新聞が配達されていないのを発見。歩いて2分の所にある新聞配達店に電話しました。

実はその前にジルが義父からもらって帰った胡瓜の苗を、玄関アルコーブの前に『胡瓜の苗です、ご自由にお持ちください』と添え書きした札付けて置いていました。

義父からもらって帰った胡瓜の苗をおすそわけ

数日分の新聞を届けてくれた新聞配達店のオジサンが帰り際にそれを見つけて『もらって行って良いですか?』とすごく丁寧に申し出されました。

苗は5鉢有ったのですが、2時間くらいの間だれも持って行った人も無く5鉢全部が残っておりましたので、ジルが全部差し上げました。実はオジサンの育てていた胡瓜の苗をヒヨドリが全部食べてしまって無くなった所だったのです。

スポンサーリンク

採れたらお礼に持ってきます

で約40日後の本日、夕方2人が勤めから帰宅すると、『初取りが出来ました』のメモと一緒に胡瓜が3本届けられていました。

ジルは大喜びで、金曜日の食糧買い出しで胡瓜買わなくて良かった!