「うっ不味い!」でなく「あっ美味しい!」キョーサイのケール青汁  あなたの老後を豊かにするために 健康ライフ2

先達ブログ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 シニア日記ブログへ


ももじろうです。

いつもジルがお世話になっております。世帯主で主夫のパートナーです。

「あなたの老後を豊かにシリーズ」健康ライフ2

「うっ不味い!」でなく「あっ美味しい!」キョーサイのケール青汁

一昔でなく二昔以上前に悪役商会・会長の八名 信夫(やな のぶお )さんのTV CM「まずいー!もう 一杯!!」のキャッチコピー で有名になったキューサイ青汁を飲んでおります。

我が家の愛飲中は「キューサイのケール青汁」が商品名のもの。

   

味は、八名さんには悪いのですが、美味しいです(青汁1:を牛乳1.5で割っています)

冷凍で届きますので、そのまま冷凍庫に保存し、夜夕食の食器洗いと翌朝の炊飯準備をしたら、コーヒーを入れる+ケールの青汁を冷凍庫からだして洗いバットに横たえるのが日課です。3・4時間位でほとんど解けますが何せいつも決まった動きをすれば忘れることも無い(正確には、少ない)ので朝には常温近くに戻ることもいといません。

朝の定番「ヨーグルト」ジャーマンヨーグルト・プレーン

もう一つ、我が家の朝の定番「ヨーグルト」これは、兵庫家小野市の㈱共進牧場さんのジャーマンヨーグルト・プレーンを食べています。家の近くのS1とS2と言う2つのスーパーで売っていますがそれぞれ値段が違うので安い方のS1成城石井さんで2つ毎週買います。2人の6日分で、日曜日だけは無しです。味は、もちろんそんじょそこらのとは格段に違って美味しいです。

 

石井さんにはこのヨーグルトの値段で負けているもう一つのS2スーパーは、美味しい牛乳は破格に安いので、牛乳はそちらで買うと言う主夫の涙なしでは語れない苦労が有ります。兵庫県小野市は神戸とは直進距離で30km、姫路とは25km程の場所だそうでジャーマンと言う位なので、日本でヨーグルトと言えばブルガリアから少しずれますが、美味しいのです。このS2スーパーへ私が牛乳を買いに行った時に白人さんが2パック我が家の様に

買って行きました、駐車場までほとんど一緒に歩いていきましたので、S1の方が安いよ!と教えてあげたく成りましが、グッとこらえて商売の邪魔はしませんでした。

S2の人に、S1の方が「XX円安い」と告げた所答えは『仕入の数が違うのでしょうね!』で終わりました。と言うことで、我が家を中心に1kmと2kmのスーパー通いが必要です。

 

老人の健康維持には、良質なたんぱく質が必要

ということで、S3のスーパーへ“タレなんかなくても豆が美味しい納豆”を買いに行きます。ここは家から600m。昔、麦わらの納豆菌で作った納豆はスギやヒノキを紙状に削って作った“経木”で包んで,大きな平たいおむすびのような三角形をした形で売られていました。今でもたまにこの三角(紙ですが)包装があります。私が小さい頃(御幼少のみぎり、洟(はな)垂れていた)竹の籠にいれた納豆を担いでオジサンが売りに来ていました。55年以上前のことで値段はたしか10円か15円、家に誰もいなくてもオジサンは2袋置いていきます。これの経木の三角包装を触ると、まだほのかに暖かいのです。翌朝、どんぶりに入れて醤油だけ入れてかき回して粘り気を出して家族全員で食べます。お代は次週また売りに来た時に2週分の払いをすると言う誠にのんびりとした時代でした。で、この納豆の味が私の基準なので、今売られている大抵の納豆は失格です。タレが必要なこと自体すでにイエロー・カード状態。

健康は願っているだけではやってこない

筋肉と体幹を鍛える体操と栄養価のある食事を確実に体に取り込む手段として毎日食べる/飲む・美味しい青汁と、美味しいヨーグルトが必要です。

 

主夫としての意見をいう。ももじろう健康ライフ

コインランドリーで格安敷布団洗い。 あなたの老後を豊かにするために 健康ライフ 1

ももじろう頭と心

頭と心1 あなたの老後を豊かにするために

頭と心2 あなたの老後を豊かにするために

頭と心3 破れ鍋に綴蓋 あなたも老後を豊かにするために 

こんな真面目な意見もあるということで

沈黙の遠藤周作とティーナ・カリーナにぞっこん

スペインで始まった尊厳を取り戻せる、救いの手の差し伸べ方。ロビンフッド・レストラン